> 尿管結石の痛みを和らげる方法とは?結石の原因と予防方法! | トレンド速報ニュース

尿管結石の痛みを和らげる方法とは?結石の原因と予防方法!

Pocket

尿管結石の痛みは、”三大激痛”といわれるほどの激しい痛みが襲ってきます。

三大激痛とは、尿管結石・群発頭痛・心筋梗塞のこと。
これらの痛みは、お産の陣痛よりも痛いといわれています。

実際に尿管結石を経験した人は、

「七転八倒の痛み」
「もがき苦しむ痛み」

と表現するほど。

そんな、できれば味わいたくない、尿管結石の痛みを和らげる方法を紹介していきます。
尿管結石で苦しんでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

尿管結石とはどんな病気?

まず尿管結石とはどのような病気なのかを解説していきます。

尿の通り道である、
腎杯(じんぱい)、腎盂(じんう)、尿管、膀胱、尿道をまとめて”尿路”といいます。

この尿路にできてしまった結石”尿管結石”と呼ばれるものです。

尿管結石は30~60代の男性に多く発症するといわれていますが、
現在では若い女性でも、尿管結石になるケースが増えてきています。

尿管結石は、上部尿路(腎杯・腎盂・尿管)にできるものと、
下部尿路(膀胱・尿道)にできるものにわけられます。

できてしまった結石は、
約70%は自然排石しますが、そうでない場合は手術をして取り除く必要があります。

Sponsored Link

尿管結石ができる原因とは?

尿管結石ができてしまう原因は様々ありますが、
主な原因は以下の3つになります。

1.尿路の通過障害によるもの

尿路に何らかの通過障害がおきると、結石ができやすくなってしまいます。

たとえば、先天的に腎盂と尿管の移行部が狭い、
”腎盂尿管移行部狭窄症(じんうにょうかんいこうぶきょうさくしょう)”や、

尿管結石により、その部位の尿管に狭窄(きょうさく)が生じた場合、
長期的な臥床(がしょう)による尿流停滞、などがあげられます。

2.水分摂取が十分でない場合

水分を十分にとらないと、結石ができやすい体になってしまいます。

逆を言えば、水分をしっかり摂取することが、
尿管結石の予防につながる、というわけです。

水分を摂ることで尿の量を多くし、
結石になってしまう前の段階で排出することができます。

ですが、どんな水分でもいいというわけではありません。
糖質を多く含む清涼飲料水や甘味飲料水、
コーヒーや紅茶、アルコールの過剰摂取は逆効果なので、避けるようにしましょう。

おすすめは麦茶やほうじ茶
尿管結石が気になる人はこの2種類をメインに摂取するといいですよ。

3.食事内容によるもの

偏食や過食にならないように注意をして、
バランスの取れた食事をすることが非常に大切です。

とくに動物性たんぱくと脂肪の過剰摂取は、
結石の成形を促進させてしまう一因となってしまいます。
食べ過ぎには注意しましょう!

上記の3つが尿管結石ができる主な原因です。
気になる人は生活習慣を見直してみてくださいね。

尿管結石の痛みには特徴がある!?

尿管結石の痛みは、まず背中から脇腹にかけて突然の激痛が走ります。

腰や下腹部にも痛みが広がっていき、いくら安静にしていても治まることがなく、
苦しさのあまり同じ姿勢を保つことができなくなります。

この痛みが、なんと2〜3時間も続くんです!
考えただけで恐ろしいですよね…

痛みはずっと続くわけではなく、
数分おきに強くなったり弱くなったりを繰り返します。

夜間や早朝にこの痛みに襲われることが多いため、救急車を呼ぶ人も多くいます。

Sponsored Link

尿管結石の痛みを和らげる方法!

想像するだけで恐ろしい尿管結石の痛みですが、
結石が自然排石されるのを待つか手術で取り除くまでは、
どうしても付き合わなければいけません。

我慢できない痛みがきたときに、
簡単に実行できる尿管結石の痛みを和らげる方法を紹介します!

現在尿管結石で苦しんでいる人はもちろん、
もしかしたら今後、尿管結石で苦しむことがあるかもしれないので、
予備知識として頭に入れておくと、役に立つ時がくるかもしれませんよ。

1.入浴

比較的弱い痛みは、
体を温めることで和らげることができます。

お湯の温度は41~42℃とやや高めの温度が最適。

シャワーを浴びるのではなく湯船に浸かることが大切なので、
面倒でもお湯を溜めて、ゆっくりお風呂に入りましょう。

2.患部を直に温める

外出中など、すぐに入浴は無理!
という場合におすすめするのがこの方法。

患部をカイロなどで温めます
入浴と同じように、体を温めることで痛みを和らげます。

突然の痛みに備えて、普段からカイロを持ち歩いておくと安心ですね。

3.結石の場所を変える

この方法は、自然排石待ちで、
痛みを耐えている人におすすめする方法です。

尿管結石の痛みが和らいだ時に、ジャンプなどをして、
無理やり結石の場所を移動させます。

意外とこの強引なやり方は理にかなっていて、
上下運動をすることで、尿の中に留まっている結石が、
尿道から体の外に近い方に動いてくれる可能性があります。

痛みが強いときはそんな余裕はないので、
痛みが弱くなったときを見計らって試してみてください。

尿管結石の痛みを和らげる方法とは?結石の原因と予防方法! まとめ

尿管結石の痛みは激痛!
というのは、1度は聞いたことがあるでしょう。

尿管結石を経験した女性のなかには、
「陣痛以上の痛み!」
という人もいるぐらいです。

できることなら、そんな痛い思いしたくないですよね?
これを機会に自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

尿管結石は、水分摂取や食事内容などを改善することで十分に予防できますよ。

今回紹介した痛みを和らげる方法は、その場限りのものなので、
あまりにも痛みがひどい場合は、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ