> 結婚式の招待状の返信!アレルギーの有無はどう答える? | トレンド速報ニュース

結婚式の招待状の返信!アレルギーの有無はどう答える?

Pocket

最近の結婚式の招待状の返信ハガキには、”結婚式の出席の可否”の他に、
”食べ物や食材のアレルギーの有無”の確認欄が記載されていることが増えてきてます。

アレルギーの有無に関わらず、どう返信をしていいのか困ってしまいますよね。

そこで、”アレルギーが無い場合”と”アレルギーがある場合”の、
返信方法例を紹介します。

ちょっとした書き方の違いで、受け取った人の印象も変わってくるので、
「ただの返信だ」
とあなどってはいけませんよ!

Sponsored Link

結婚式の招待状の返信:アレルギーが無い場合

食べ物のアレルギーが無い場合
「特にありません。」
と一言で済ませてしまうのは、相手に対して失礼です。

相手からは丁寧に、

「アレルギー等がございましたらご記入ください。」や、
「お体に合わない食材がございましたら遠慮なくご記入ください。」

と書いてきているので、それに合わせてこちらも丁寧に返信をしましょう。

おすすめの返信例はこちら。

・「特にありません。お気遣いありがとうございます。」
・「アレルギーは何もありません。お気遣いありがとうございます。」

ちょっとした一言を加えるだけで、相手に与える印象をガラッと変えることができます。

アレルギーが無い場合、空白で返すのも間違いではないですが、
相手からすると、

「見落としているのかな?」
「もしかして書き忘れ?」

と、いらない心配をかけてしまうことがあります。
そんな心配をかけないよう丁寧に返信をしてあげてくださいね。

Sponsored Link

結婚式の招待状の返信:アレルギーがある場合

アレルギーがある場合
「あまり細かく書いてしまっては新郎新婦に迷惑をかけてしまうのではないか?」
と不安になってしまいますよね。

ですが、
「実際に式に参加したときにどんな料理が出てくるんだろう…」
心配しながら参加しても、結婚式を心から楽しむことはできません。

新郎新婦側も、参加してくれるゲストにはきちんと楽しんでもらいたいと考えているはず。
正直にアレルギーに関して書いた方が、相手も助かります。

なので、アレルギーがある場合は、正直に細かく記載するようにしましょう。

おすすめの返信例はこちら。

・「大変申し訳ございません。○○のアレルギーがありますので、ご配慮いただけると助かります。よろしくお願いいたします。」
・「ご面倒をおかけして恐縮ですが○○のアレルギーがありますので、ご配慮いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。」

詫びの言葉を一言添えるだけで十分です。
あまり丁寧な言葉を遣いすぎると、相手も恐縮してしまいます。

結婚式の招待状の返信!アレルギーの有無はどう答える? まとめ

最近の結婚式の招待状は、
アレルギーの有無の記載ができる返信はがきが主流になっていますが、
記載のないはがきの場合もあります。

アレルギーが無い場合はそのままで大丈夫ですが、
アレルギーがある場合は困ってしまいますよね。

この場合も前項で紹介した例文を使って、アレルギーがあることを伝えましょう。

結婚式や披露宴会場のスタッフの方々は、こうしたアレルギー対応には慣れています。
失礼なことにはならないので、結婚式を楽しむためにも、
アレルギーの有無はしっかりと記入をしてくださいね。

Pocket

[イベント, 結婚式]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ