> アロンアルファの保存方法!簡単保存テクで使用期限を延ばす! | トレンド速報ニュース

アロンアルファの保存方法!簡単保存テクで使用期限を延ばす!

Pocket

アロンアルファといえば、瞬間接着剤として有名ですよね!

管理人は外出先で、靴の裏が少し剥がれてしまった時に、
応急処置としてアロンアルファ使い、助かった事があります。

そんな便利なアロンアルファですが、重大な欠点があります。
それは保存が難しいということ。

以前、アロンアルファを使った後にフタを閉め、
そのまま引き出しに入れていました。

次に使おうとしたときはもう、フタが固まってしまい
使えなくなったのでそのまま捨てることに…

こんな経験、きっとあなたにもあるでしょう。

そんなすぐに固まってしまうアロンアルファを、
固まらせず、簡単に保存できるテクニックを紹介します!

アロンアルファを使用する際はぜひ、参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

アロンアルファが固まる原因とは?

アロンアルファは、すぐにくっついてくれるのですごく便利なのですが、
一度フタを開けると、中身が固まってしまって使えなくなることがよくあります。

すぐに固まってしまう原因は、
アロンアルファの接着剤の性質によるもの。

アロンアルファの接着剤は簡単にいうと、
”空気中の水分を吸って固まる”
という性質を持っています。

そのためフタを開けた時に空気と触れることにより、
中身の接着剤は固まってしまい、
次に使おうとした時にはもう使えなくなってしまう、といった事が起こるわけです。

じゃあどう保管したらいいのか?
ということを次で詳しく解説します!

Sponsored Link

アロンアルファの保存方法はどうしたらいい?

アロンアルファを固まらせず保存する方法は、”冷蔵庫”で保管するだけ。

簡単でしょ!?

管理人も初めて知ったときは、
「そんな簡単な方法でいいの!?」
と驚きました。

アロンアルファが固まらないようにするためには、
空気中の湿気や水分を遮断する必要があります。

冷蔵庫は一定の温度の冷気で保たれており、
空気中の水分や湿気も遮断してくれるので、
アロンアルファを保存するには絶好の保管場所となるわけです。

アロンアルファを冷蔵庫で保存をする時には、そのままでもいいですが、
ジップロック密閉容器の中に入れて保存するようすると、より効果的です。

おすすめは密閉容器です。

ジップロックは開け閉めを繰り返しているうちに、
開け口が弱くなってしまい、キレイに閉めることができなくなってきます。

密閉容器であればそんな心配はいりません。

アロンアルファを冷蔵庫で保存した場合、1つだけ注意してほしい点があります。

それは、冷蔵庫で保管したアロンアルファを使用するときには、
キャップを閉めている状態で、常温に戻してから使うようにすること。

冷蔵庫から出してすぐにキャップを開けてると、
温度差で膨張してしまい、中身が溢れ出てしまう場合があります。

そんな事態を防ぐためにも、常温になるまで待ちましょう。

また、ノズルの先が固まって中身が出てこない場合は、
先を少しハサミで切ると、出しやすくなりますよ。

せっかく購入したアロンアルファです。
全て使い切ることができるよう、保管方法にも気を配ってみてください。

アロンアルファの使用期限はある?

空気中の水分と遮断して保管していても、
アロンアルファには使用期限があります。

アロンアルファのパッケージの外側に、
「未開封で2年間が使用期限」
と記載されています。

冷蔵庫で保存していたとしても、
開封後はなるべく早めに使いきるようにしましょう。

アロンアルファの保存方法!簡単保存テクで使用期限を延ばす! まとめ

アロンアルファはすぐにくっついてくれるので、
ボンドや糊のように待ち時間が無く、本当に便利なアイテムですよね。

便利な反面、すごくデリケートな部分も併せ持っています。

なるべく長く使用するためにも、冷蔵庫で保存をし、
困ったときはすぐに使える状態にしておきましょう!

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ