> 初盆の白提灯の処分方法と盆提灯の保管方法!来年も迎えるために… | トレンド速報ニュース

初盆の白提灯の処分方法と盆提灯の保管方法!来年も迎えるために…

Pocket


夏といえばお祭りや花火など楽しいイベントが盛りだくさん!

ですが、忘れてはいけないのが”お盆”です。
お盆は、先祖の方々や亡くなった方々の霊が、
苦しむことなく成仏してくれるように霊を祀る行事でありその期間をいいます。

お盆の期間は地域によって異なる場合がありますが、
一般的には8月13日〜8月16日までの4日間を指します。

お盆に必要な盆提灯の意味と保管方法
また、初盆の白提灯の飾り方とその処分方法も解説します。
ぜひ参考にしてみてください!

Sponsored Link

盆提灯を飾るのにはどんな意味がある?

そもそもなぜ”盆提灯”を準備しなくてはいけないのでしょうか?

盆提灯は、先祖の方々や亡くなった方々が迷うことなく、
あの世からこの世に戻ってくるための目印となります。

お盆の時期に家の中や玄関先などに飾らず、
外で提灯を持って歩いている人を見たことはないですか?

あの提灯も盆提灯の役目をしています。

お盆の初日にお墓参りを済ませた後、提灯の火袋の中に火を灯し、
その提灯の灯りと一緒に、先祖の方々を家へ連れて帰っています。

外で持ち歩いている盆提灯は、
先祖の方々を無事に家に連れて帰るための道標というわけですね。

お盆には盆提灯がないと始まりません。
だって、ご先祖様が帰ってこれないですからね。

最近では家庭の事情で、盆提灯を飾ることも少なくなりましたが、
できるだけお盆の期間中は、ご先祖様のためにも盆提灯を飾ってあげてください。

Sponsored Link

初盆時の白提灯の飾り方と処分方法!

まずは”初盆”について解説していきましょう。

初盆は新盆とも言いますが、
四十九日法要が終わって、初めて迎えるお盆のことをいいます。

お盆の時点で四十九日法要が終わっていない場合は、
翌年のお盆が初盆となります。

初盆で使用する盆提灯は、
普通の絵柄や家紋が入っている盆提灯は使わずに、
何も描かれていない”白提灯”を使います。

この白提灯は初盆でしか使わないので、お盆が終わったら処分します。

白提灯は家の中には飾らず、玄関先や家の前に飾るのが一般的。
亡くなった方が迷わずに家に帰って来るようにするため、といわれています。

白提灯の処分方法ですが、

まず白提灯の火袋の中に火を入れ燃やし、すぐに消します。
(必ず水を準備することを忘れずに!)

完全に鎮火したら、和紙や新聞紙に包んで一般のゴミと同じように処分します。
(細かい処分方法はお住いの地域のルールに従ってください)

これで白提灯の処分は終わりですが、
気になるようでしたら、お塩で清めてから処分してもいいでしょう。

初盆の方は、ぜひ白提灯を準備して、亡くなった方の霊をお迎えしてあげてください。

盆提灯の保管方法!来年もご先祖様を迎えるために…

盆提灯を飾り、無事にお盆の期間を終えたら、
来年も使うため、盆提灯を綺麗に保管しましょう。

ほこりをはらって汚れをふき取り、箱の中に戻しますが、
その際に注意しなければいけないことがあります。

盆提灯の多くが、木材や綿などの天然素材を使っています。
そのため、痛まないように乾燥材や虫除けを箱の中に一緒に入れておくようにしましょう。

翌年もキレイなまま飾るためにも、
ひと手間をかけて保管するようにしてくださいね。

初盆の白提灯の処分方法と盆提灯の保管方法!来年も迎えるために… まとめ

お盆は先祖の方々や亡くなった方々をお迎えすることのできる、年に1度の大切な機会です。

また日本独自の風習で、昔から大切に伝えられてきました。

お仕事などが忙しく、お盆を疎かにしてしまう場合もありますが、
今年はしっかりと盆提灯を準備して、お盆を迎えたいですね。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ