> 盆提灯の飾り方!種類ごとの飾り方と初盆時の注意点! | トレンド速報ニュース

盆提灯の飾り方!種類ごとの飾り方と初盆時の注意点!

Pocket

だんだんと暑くなり、夏真っ盛り!
夏といえば楽しいことも多いですが、忘れてはいけないのが”お盆”です。

お盆とは、なくなったご先祖様が苦しむことなく成仏してくれるよう、
霊を祀る行事であり、その期間をいいます。

地域によっては異なるものの、一般的に8月13日〜16日までの4日間がお盆になります。
家庭によってはお盆の期間中、”盆提灯”を飾ることもあるでしょう。

今回はお盆で使用する盆提灯について、
その意味や飾り方を解説していきます。

最近ではお盆に盆提灯を準備しない家庭も増えていますが、
これを機に盆提灯の大切さを再認識してみてはどうですか?

Sponsored Link

盆提灯の意味とは?

お盆に飾る盆提灯は、先祖の方々や故人の霊があの世から現世に戻ってくる時に、
迷ったりしないようにするための目印となっています。

なので、お盆には盆提灯が必要なんですね。

家に飾る盆提灯を見たことはなくても、
お盆の時期に提灯を持って外を歩いている人を見たことはないですか?

実は、あの提灯も盆提灯です。

お盆の初日にお墓参りをした後、提灯の火袋の中に火を灯し、
その提灯の灯りと一緒に先祖の方々を家へ連れて帰る。

外で使う盆提灯は、先祖の方々が迷わずに家に帰るための道標の役目をになっています。

Sponsored Link

盆提灯の飾り方!

それでは家で飾る盆提灯について解説していきます。

盆提灯には大きくわけて”吊り提灯””行灯(あんどん)”の2種類あります。

形や種類は様々な物がありますが、
「これを選ばなければならない」という決まりはないので、
好みで選んでください。

吊り提灯を選んだ際は、
専用の吊り下げ台で吊って飾るようにします。

盆提灯を準備したら、次は盆提灯の飾り方についてです。

お仏壇や精霊棚を中心にし、左右対称になるように盆提灯を飾りましょう。

盆提灯が1つしかない場合は、お仏壇や精霊棚のとなりに飾り、
盆提灯が2つ以上ある場合は、
場所が許す限り左右対称に飾るようにします。

最近ではおしゃれな盆提灯が増え、
普段使いもできるような盆提灯もありますし、
マンションやアパートに住んでいる方用にサイズが小さい盆提灯もあります。

好みや飾る場所に合わせた盆提灯を選ぶと良いですね。

盆提灯迎え火としての役割もあるので、
遅くても、8月13日までには飾りましょう。

早い分には問題ないので、8月1日に飾り始める家庭もあります。

お盆が終わったら、また来年も使うので、
ほこりを掃い、汚れをふき取り、痛まないように箱に保管しましょう。

盆提灯の多くが、木材や綿などの天然素材を使っているので、
虫食いを防ぐために、乾燥材や虫除けを入れるようにしてください。

初盆時の盆提灯の注意点!

次に”初盆”の盆提灯について解説します。

初盆、または”新盆”ともいいますが、
使う盆提灯の種類が違います

初盆・新盆とは、四十九日法要が終わって、
初めて迎えるお盆のことをいいます。

お盆の時点で四十九日法要が終わっていない場合は、
翌年が初盆となります。

初盆で使用する盆提灯は、
”白提灯”といわれる、絵柄がついてない白い提灯を使うのが一般的です。

飾り方は、亡くなった方が迷わずに家に帰って来ることができるよう、
玄関先や家の前に飾ります。

お盆の時期が終わると、白提灯は使わないので燃やして処分します。

まず、白提灯の火袋に火を入れて少しだけ燃やしすぐに消化させます。
(必ず水を準備してください)

完全に鎮火したら、新聞紙や和紙に包んで通常のゴミとして処分します。
(お住まいの地域のルールを守って処分しましょう)

気になるようでしたら、お塩で清めて処分しても大丈夫です。

このように、初盆では盆提灯の種類が違い、処分をしないといけないので注意しましょう。

Sponsored Link

盆提灯の飾り方!種類ごとの飾り方と初盆時の注意点! まとめ

お盆は、お世話になった先祖の方々や、
故人の霊をお迎えするための風習です。

地域によって時期や方法が少し異なる場合があるので、
その土地の年長者に尋ねて、正しいお盆の迎え方を教えてもらうといいでしょう。

ぜひ今年は盆提灯を使ったお盆の準備を整えて、先祖の方々をお迎えしてあげてください。

Pocket

[イベント, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ