> 冬のエアコンの暖房代!すぐにできる4つの節約術とは!? | トレンド速報ニュース

冬のエアコンの暖房代!すぐにできる4つの節約術とは!?

Pocket

寒い冬に部屋全体暖めてくれるエアコンの暖房機能
本当に重宝しますよね!

でも気になってしまうのが、暖房にかかる電気代ではないでしょうか?
部屋を暖めてくれるので、ついつい簡単にスイッチを入れてしまいます^^;

そこで、冬にかかるエアコンの暖房代の平均を調べてみました。

もし平均よりエアコンの電気代が高くても大丈夫!
すぐに実行できる節約術も紹介しているので、参考にしてみてください!

Sponsored Link

冬にかかるエアコンの暖房代って我が家は平均値?

エアコンは、部屋全体を暖めてくれるため、
寒い冬には欠かせない家電ですよね。

そんなエアコンですが、使用中にかかる電気代って、気になりませんか?
エアコンで暖房中にどれぐらい電気代がかかっているのか?
我が家は電気代は平均値なのか?それとも高いのか?

そこで、冬に使用するエアコンにかかる電気代の平均値を、
簡単に調べる事ができるのが下記のサイトです。
http://電気代節約.jp/aircon-danbou/

エアコンのタイプごとに細かく表にされていてるので、
非常に見やすく分かりやすいですね!

ちなみに、一般家庭の平均である8畳タイプのエアコンを8時間使った場合
電気代は、1ヶ月約4000円かかることになります。

もし「我が家って高いんだ…」っとなっても大丈夫!
すぐに実行できるエアコンの暖房代の節約術を次で紹介します。

Sponsored Link

すぐに実行できるエアコンの暖房代を抑える4つの節約術!

「エアコンって冬も夏も電気代が高くかかってしまう」
と思いがちですが、正しい使い方をすれば電気代は節約できます。

ここからは、エアコンの暖房にかかる電気代を抑える4つの節約術を紹介します。

すぐに実行できて、準備するものも少ないので、
ぜひ試してみてください!

1.自動運転が効率的!

電気代がもったいないから、と設定を”弱”にして使用する人がいますが、
エアコンは基本的に、冷房よりも暖房の方がパワーが必要なので、
かえって電気代が多くかかってしまいます。

エアコンは、室内温度が設定温度に到達するまでに一番電気を必要とします。

なので、この時点から”弱”に設定してしまうと、
十分にパワーを出せなまま、部屋を温めることになります。

そのため長時間、設定温度になるまでエアコンが頑張ってしまうので、
電気代が多くかかってしまうわけです。

特に冬は、外とエアコンの設定温度との気温差が大きいため、
いかに短時間で設定温度まで温度を上げてしまうかが、
電気代を節約するためには重要です。

エアコンは、設定温度に達してしまえば電気代はあまりかからないので、
自動運転でエアコンの暖房を動かすようにしましょう。

2.エアコンのスイッチのこまめなオンオフはNG!

エアコンはつけっぱなしにすることが一番電気代の節約につながります。

スイッチをつけたり消したりすると、
エアコンが動くたびに部屋を温めようとするため、
常にパワーをフルに使っている状態になってしまいます。

電気代を節約するためにも、
こまめにスイッチをオンオフするのは止めましょう。

3.エアコンの風を循環させる

暖かい空気は上に冷たい空気は下に留まります。

そのため、エアコンの風を効率的に循環させることができれば、
電気代の節約につながります。

サーキュレーターなどを使って、温かい空気を部屋に循環させると、
短時間で部屋を温めることができます。

4.部屋の湿度を上げて体感温度を上げる

冬は湿度が低くなりがちで、空気が乾燥しやすくなります。

空気が乾燥すると、皮膚表面から蒸発する水分量が増え、
蒸発の際に熱が奪われて、体温が低下していきます。

寒い冬場に部屋の湿度を上げることで、
人の汗が蒸発することを抑えることができ、体感温度を上げることができます。

ちなみに湿度を20%上げると、
体感温度は1度上げることができるといわれています。

以上が、エアコンの暖房の電気代を抑える4つの節約術です。

どれも難しいことではないので、
寒い冬を快適に過ごすためにも、ぜひ参考にしてみてください!

冬のエアコンの暖房代!すぐにできる4つの節約術とは!? まとめ

あなたのエアコンの暖房代の料金は平均値でしたか?
もし高かったとしても、節約術を活用して電気代を節約してくださいね。

電気代を気にしすぎてエアコンを使わない!
といって、体調を崩してしまっては元も子もありません。

たかが風邪ですが、
重症化して”肺炎”を起こしてしまったという事例は、毎年少なくありません。

寒い冬でも健康的に過ごせるように心がけましょう!

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ