> 大人がかかる夏風邪の症状とは!?子どもと大人は症状が違う? | トレンド速報ニュース

大人がかかる夏風邪の症状とは!?子どもと大人は症状が違う?

Pocket

今年も暑い季節がやってきました!
日中は蒸し暑く夜は熱帯夜…

そんな暑い夏の強い味方が、「エアコン」ですよね。

外出時以外はエアコンの風にあたっている、
という人も多いのではないのでしょうか?

そこで、気を付けていただきたいのが、”夏風邪”です!

実は夏風邪って、大人と子どもで症状に違いがあるのを知っていますか?
大人と子供の夏風邪の原因と症状について、解説していきます。

ぜひ参考にして、元気に夏を過ごしましょう!

Sponsored Link

夏風邪の原因とは?

夏風邪は、「夏になると発症する喉の症状を中心とした風邪」のことをいいます。

冬にひく風邪のウイルスとは違い、夏風邪のウイルスは「高温多湿を好む」傾向があり、
これが、夏風邪が治りにくいといわれる理由にもなっています。

暑くて湿度が高ければ高いほどウイルスは元気に活動するので、
夏風邪は治りにくく、長引いてしまうんです。

では、夏風邪にかかってしまう原因とは何なのでしょうか?

・夏バテ
・エアコンの風

の2点が夏風邪になる主な原因となります。

夏バテは、暑さや湿度の高さによる影響で食欲が落ちてしまい、
体の免疫機能が低下してしまいます。

エアコンの風は、当たり過ぎると外との気温差で自律神経が乱れ、
体が弱ってしまい、ウイルスに感染しやすくなってしまいます。

また、エアコンの吹き出し口から出てくる風には、
目に見えない汚れやほこりが含まれています。

その汚れやほこりが喉に付着することで、夏風邪をひきやすくなってしまうんです。

Sponsored Link

夏風邪の症状は?子どもと大人で症状に違いがある!?

冬にかかる風邪は、子どもと大人で違いがあるとは聞いたことが無いのに、
どうして夏風邪には症状の違いがあるのでしょうか?

夏風邪を起こすウイルスは、主に”エンテロウイルス”、”アデノウイルス”の2種類。
ですが、大人がかかりやすい夏風邪のウイルス”ライノウイルス”になります。

夏風邪の原因となるウイルスが違うため、子どもと大人で症状が変わるわけです。

ライノウイルスが引き起こす夏風邪の主な症状は、

・喉が痛い
・発熱、頭痛
・鼻水
・下痢、腹痛

といった症状になります。

子どもの夏風邪の症状との違いは、
「咳や痰はあまり出ない」
ということ。

咳や痰といった風邪特有の症状が無いため、夏風邪とは思わずに放っておいてしまい、
病院へ受診するのが遅くなってしまった、ということが大人の夏風邪にはよくあります。

また、風邪と思っても、
”市販の風邪薬””冬の風邪の際に病院からもらった薬”を飲んで治そうとする人もいますが、
それは大きな間違い!

なぜなら、冬の風邪と夏風邪では原因となるウイルスが違うからです。
夏風邪のウイルスを退治する薬を服用しないと、全く意味がないので注意してくださいね。

大人がかかる夏風邪の症状とは!?子どもと大人は症状が違う? まとめ

夏風邪の自己判断は非常に危険です!
周りに感染させないようにするためにも、すぐに病院へ行きましょう。

「体調がすぐれない…」、「なんだか調子が悪い…」というときは、
面倒でも病院を受診して、薬を飲んで安静にして、
早く夏風邪を治すようにしてください!

Pocket

[美容・健康・医学, 風邪]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ