> 2017年の夏風邪!症状や対処法は?特徴を徹底解説! | トレンド速報ニュース

2017年の夏風邪!症状や対処法は?特徴を徹底解説!

Pocket

今年も、とうとう暑い季節がやってきましたね…
ニュースでは日中の気温が30度を超え、夜は熱帯夜と、毎日のように報道されています。

こんな時期に助かるのがエアコンですよね。
文明の利器!
1日中エアコンの風の下で過ごしている時間も多いでしょう。

そこで、気を付けたいのが「夏風邪」

夏なのに風邪をひいてしまう夏風邪のメカニズムや、
今年の夏風邪の特徴・対処法についてご紹介していきます。

これから、どんどん気温は上がる一方です。
そのため、夏風邪をひいてしまう危険性はさらに上がります。
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

Sponsored Link

なぜ夏風邪をひいてしまうのか?そのメカニズムを解説!

夏風邪を、夏にひく風邪だから「夏風邪」と思っていませんか?
実はこの考えが、夏風邪を治りにくくしてしまっている原因なんです。

夏風邪とは別名、「お腹の風邪」とも呼ばれていて、
主な症状は”下痢”や”腹痛”

暑いからと冷たいものばかりを摂取していると、体が冷えてしまいお腹を壊しやすくなってしまいます。

これを夏バテと勘違いして、適切な対処を行わないため、
夏風邪が治りにくいんです。

また、夏風邪の症状としては”喉の痛み”もあげられます。

このような症状を引き起こしてしまう原因の1つに、「エアコン」の影響があります。

喉の痛みが出る原因としては、”ウイルス”や”細菌”がエアコンの吹き出し口から出てしまい、
それらが喉の粘膜に付着することで、喉が痛くなるんです。

喉の痛みを引き起こすこれらのウイルスは、
”高温で湿度が高い状態”を好む特徴をもっています。

冬に流行る風邪のウイルスとは、全く違うものなので、
冬の風邪に服用するような薬を飲んでも治ることはなく、
風邪をひいたからとマスクを着用 してしまうと、さらにウイルスを活発にさせてしまいます。

なので、夏風邪には夏風邪に適した対処法をしなくていけません。
それができないと、夏風邪の治りを遅らせてしまうことになります。

Sponsored Link

2017年の夏風邪の特徴は?流行する症状は?

上記のように非常に厄介な夏風邪。
2017年はどのような症状が流行するのでしょうか?

夏風邪の主な原因は、夏に猛威を奮うウイルスです。
流行時期は、梅雨の始めから7〜8月ごろ。

この傾向は、ウイルスの持っている特性にもよるものなので、
今年だけ変わる、ということは考えにくいです。

では、夏風邪にはどのような病気があるのでしょうか。

1.プール熱

これはお子さまがいるご家庭では、よく耳にする病気ではないでしょうか?
学校のプールの授業などでが原因で、集団発生することが多々あります。

特に幼稚園・保育園や小学校に通っている子どもがかかりやすいといわれています。

▼症状
急に寒気がおこり、39〜40度の高熱がでます。
また、目に違和感が起きたり、喉が赤く腫れて痛みが出たり、首のリンパ節の痛みも訴える場合があります。
その他、目の違和感や咳、痰、鼻水など、風邪の症状が現れることもあります。

▼治療法
熱が高い場合は、病院で処方された解熱剤を服用するようにしましょう。
目の違和感がある場合は、眼科で抗生物質が含まれている眼軟膏や点眼が処方されます。
小児科はもちろん、気になるようであれば眼科も受診することをおすすめします。

熱は3〜4日ほど続きますが、他の症状は1週間ほど続く場合が多いです。

2.手足口病

手、足、口に水疱性の発疹が現れる病気
生後7ヶ月〜4、5歳の子どもがかかりやすく、通っている幼稚園や保育園で流行することが多いです。

▼症状
3〜5日間の潜伏期間後に発症。

手のひらや指の間、足の裏や足指の間に赤い水ぶくれがまばらにできます。
この水ぶくれは破れて完治するわけではなく、数日で自然に消えてしまいます。
口内の水ぶくれは、手足の水ぶくれと違い、短時間で破れます。

微熱程度の発熱が多いのですが、まれに2〜3日ほど38度前後の高熱が続く場合もあります。

▼治療法
手足口病に関しては有効な薬はありません。
そのため発熱や痛みを訴える場合は、解熱剤や鎮痛剤で対処するしかないのです。

1、2の病気は、子どもが感染し発症することが多いですが、まれに大人が発症してしまう場合があります。
大人が発症してしまうと、重症化してしまうことがあるので、すぐに受診をするようにしましょう。

3.ヘルパンギーナ

夏風邪といえば、この病気が多く発症し、大人も子どもも関係なく感染します。

▼症状
3〜5日の潜伏期間後に発症します。

39度前後の高熱が出て、食欲がなくなってしまい、
その結果、体力を徐々に奪われてしまいます。

喉の痛み、腹痛、嘔吐なども併発することもあります。
喉の奥の部分の粘膜に、水疱のような口内疹が複数個できます。

▼治療法
ヘルパンギーナにも治療薬はありません。
症状を和らげるために解熱剤を服用したり、きちんと水分補給を行い、脱水症状にならないように努めることが大切。
 
 
このように夏風邪は、冬の風邪と違い、治療薬がなかったり、的確な治療法が確立されていない場合が多いです。

2017年の今年は、プール熱と手足口病が流行の兆しを見せています。
特にプール熱は、過去10年で最多の患者数と猛威を奮っています。

これから夏シーズン本番となれば、プールを利用することも多くなるので、手を洗うなどの基本的な予防対策をしっかり行ってくださいね!

夏風邪にならない対処方法!腸内環境を整えて病気知らず!

夏風邪の原因となるウイルスが体内に入っても平気な、強い免疫力を持った体を作ることが大切です。
そのためには、腸内環境を整えることが大事。

人間の免疫細胞の7割は腸内にある、といわれているぐらいなので、
腸内環境が良くなれば、体の免疫力は強くなります。

腸内環境を良好にしてくれるものといえば、乳酸菌が有名ですよね。

今では、生きたままの乳酸菌を腸内へ届けてくれるものがいろいろと販売されています。
摂取しやすいもの、摂取し続けられるものを選んで、積極的に取り入れるようにするといいですね。

夏風邪のウイルスは、経口感染が多いのが特徴。
なので、外出の際や外出後の手洗い・うがいといった、基本的な予防対策をするだけでも、感染予防になりますよ。

そして、エアコンで体を冷やし過ぎるのも注意!
冷えた室内と外気の温度差に体がついてこれず、
自律神経を乱れさせる原因となります。

自律神経の乱れは、体の免疫力を低下させる一因です。

エアコンの調整が難しい場合は、一枚多く羽織るなどして、意識的に体を冷やさないような工夫をしていきましょう。

Sponsored Link

2017年の夏風邪!症状や対処法は?特徴を徹底解説!

夏風邪は子供も大人も、かかってしまうと何日も辛い思いをしなくてはいけません。
夏を目一杯楽しむためにも、夏風邪の予防は早めに始めましょう!

せっかくの楽しく短い夏を、夏風邪で終わってしまってはもったいないですからね。

それでも夏風邪になってしまったら、治るまで安静にして、
高熱や嘔吐、下痢などの重い症状が出た場合は、すぐに病院を受診するようにしてくださいね。

Pocket

[美容・健康・医学, 風邪]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ