> 1億円の重さや高さはどれくらい?銀行の窓口でおろせる? | トレンド速報ニュース

1億円の重さや高さはどれくらい?銀行の窓口でおろせる?

Pocket

映画やドラマなどで、
「◯億円の金を用意しろ!」
といった事を犯人が要求することがありますよね。

また、宝くじなどでも1等◯億円!
とうたったりしています。

なかなか身近でそんな大金をお目にかかることがないので、
現実味がないですが、
そもそも1億円の重さはどれぐらいなんでしょうか?
1億円を積み上げるとどれくらいの高さになるんでしょう?

また、1億円分の1円玉を集めるとどれくらいの量や重さになるのか、
銀行の窓口でそんな大金をおろせるのかなど、
1億円に関する疑問をまとめてみました!

Sponsored Link

1億円の重さや高さはどれくらい?1円玉にすると驚きの重さに!

1万円札は、
縦76mm、横160mm、厚さ約0.1mm、重さ1.02gなので、
1万円札を1万枚集めた1億円の重さは、約10kgになります。

これを1億円分積み上げると、
100万円束の厚さが約1cmになるので、
1億円の高さは約1mということになります。

意外と(?)重くなりますね〜
10kgというと、大きい米袋が身近に感じられる1億円の重さとういことですね。

ちなみに、1円玉を1億円分集めるととんでもないことになります。

1億円分の1円玉の重さは約100t、積み上げると高さは150kmに!

100tは大型バス約10台分
地上から高さ150kmは、もはや宇宙にとどく高さになります。

重さや高さだけでなく、1円玉1億枚となると、
その量も膨大で、大型路線バスがほぼ一杯になる量に!

まさに、”塵も積もれば山となる”ですね!

こうしてみると、やはり1億円というのは、
いろんな意味で”大金”ということが分かりますね。

Sponsored Link

1億円を銀行の窓口でおろすことはできる?

大金である1億円
そんな大金を銀行でおろすことはできるのでしょうか?

銀行で1億円もの大金を下ろすとなると、
どこの銀行でもいいと言うわけにはいきません。

まず、そんな大金は防犯上の問題で、いきなり銀行の窓口に行っても用意していません。
そのため、大金を下ろす場合は、前日までに銀行に電話をしておく必要があります。

対応できる銀行であれば取りにいけますが、
そうでない場合は、対応している支店に足を運ばないといけません。

無事、銀行がお金を用意できたとしても、
下ろすときに、
どういう理由でそんな大金が必要なのか?
を説明しないと、お金を渡してくれません。

当たり前ですが、身分証も必要になります。

これだけのハードルを乗り越えて、ようやく1億円という現金をおろすことができます。

普通はこのまま口座に入金しますが、
もし、自宅まで持ち帰るとなると、
防犯のため警備員が自宅まで付きそう事になります。

1億円を持ち帰る、なんて事がこの先あるかどうか分かりませんが、
警備員を従えての帰宅というのを、1度は経験してみたいでね(笑)

1億円の重さや高さはどれくらい?銀行の窓口でおろせる? まとめ

1億円というのはやはり大金です。

宝くじにでも当たらないと、
間近で見ることは決してないですが、
1度は触れてみたい金額ですよね。

1億円の重さはスーパーなどで大きい米袋を持てば実感できます。

1億円の重さを感じながら、大金を掴む夢を見続けましょう(笑)

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ