> 夏バテと秋バテの違い!症状と原因は?お手軽秋バテ解消法! | トレンド速報ニュース

夏バテと秋バテの違い!症状と原因は?お手軽秋バテ解消法!

Pocket

暑い夏が終わり、過ごしやすい秋がきても、
なんとな〜く体がダルイ…
と感じたことはないですか?

もしかしたらそれは、
”秋バテ”
かもしれませんよ!?

夏バテは知っているけど、秋バテって何?
と思うのも仕方ありません。

そこで、夏バテと秋バテの違いを、
症状や原因別にまとめました。

また、秋バテを解消するためのお手軽対処法も紹介します。

Sponsored Link

夏バテと秋バテの症状の違いは?

それでは早速、
夏バテと秋バテの症状の違いについて見ていきましょう。

▼夏バテの主な症状
・食欲がない
・体がダルイ
・吐き気

などの症状が7月〜8月にかけて見られます。

▼秋バテの主な症状
・食欲がない
・疲れやすい
・体がダルイ
・寝不足

などの症状が9月以降に表れます。

夏バテと秋バテ。
症状が似ていますよね。

実は、
夏バテが回復できないままでいると、秋バテになってしまうんです。

秋バテになってしまう原因を次で解説しましょう。

Sponsored Link

秋バテになってしまう原因は?

秋バテは、夏バテを引きずってしまうことでなります。

夏バテになってしまうのは、
冷房が効きすぎた部屋と外気温との温度差で、
自律神経が乱れてしまうためです。

自律神経が乱れたままでいると、今度は秋バテになってしまいます。

残暑が終わり秋口になると、
季節の変わり目なので、日中と夜間との気温差が激しくなります。

日中は半袖で過ごせるのに、日が沈むと上着がないと寒くなる。
といったことがよくありますよね。

これは、夏バテの原因となった、
外気温との温度差と同じ現象が、気温の変化で起きてしまっている、
ということになります。

上着を羽織るなどの調節をしないと、
自律神経が乱れる原因になってしまうんですね。

他にも、台風や低気圧による影響、
夏の感覚で、冷たい食べ物をとりすぎることでも、
秋バテになってしまいます。

気温の変化はまだしも、台風や低気圧の影響で秋バテになるのであれば、
どうやって対処すればいいのか、分かりませんよね?

でも安心してください!
対処法さえ知っていれば、秋バテは解消できるんです!

お手軽秋バテ解消法!

秋バテになるのを防ぐには、
夏バテの原因である、自律神経の乱れを治す事が大事です。

では、自律神経の乱れを治す、
お手軽秋バテ解消法を紹介します。

◆お風呂

38度〜40度ぐらいのお風呂に、10分〜30分ほどかけてゆっくりと入ります。

こうすることで、体の芯から温まり、
自律神経の乱れを治してくれます。

また、体温をあげると免疫力が上がるので、
秋バテだけでなく、他の病気にもなりにくくなります。

だからといって、熱すぎるお風呂は逆効果になるので注意してください。

◆運動

自律神経の乱れを治す1番の方法は、運動をすることです。

ですが、いきなり張り切って運動をするぞ!
と思っても、大体三日坊主で終わってしまいます。

そんな事にならないよう、
日常生活の中で、ちょっとした運動をするようにしましょう。

例えば、歩く時に大股で歩いたり、早歩きをする。
階段を1段飛ばしで昇るなど、
普段の生活リズムにちょっとした変化をつけるだけでも、
十分に効果がありますよ。

◆腸内環境を整える

腸内環境を整えるには、体を温めてくれる食べ物を摂るのが効果的。

秋の味覚であれば、
ネギ、しょうが、ニラ、かぼちゃなどがいいですね。

ヨーグルトなどもおすすめです。
ただし、冷えすぎたものを食べると逆効果になるので、
冷やしすぎないようにしてください。

夏バテと秋バテの違い!症状と原因は?お手軽秋バテ解消法! まとめ

秋バテは夏バテの延長で引き起こされます

夏バテだな〜と感じたら、
自律神経の乱れを整えることで、
秋バテを防ぐことができます。

”食欲の秋”と言われるほど、豊富な食べ物が秋だと味わえますよね。

ですが、秋バテになってしまうと、
食欲がなくなるので、秋の味覚を楽しむことができません。

そんなもったいない事にならないよう、
秋バテを解消して、秋グルメを味わいましょう!

Pocket

[美容・健康・医学, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ