> シミとそばかすの違いは?原因はなに?正しいケアで対策! | トレンド速報ニュース

シミとそばかすの違いは?原因はなに?正しいケアで対策!

Pocket

シミとそばかす

一見同じような見えますが、実は全く違う原因で、
シミとそばかすはできます。

その原因を知らずにケアをしても、
シミとそばかすを治すことはできません。

シミとそばかすの原因と違い
そして正しいケア方法についてまとめました。

Sponsored Link

シミとそばかすの原因と違いは?

それでは、シミとそばかすの原因と違いについて見ていきましょう。

◆シミができる原因は?

シミ後天的な要因で引き起こされます。

具体的には、

・紫外線による肌へのダメージ
・加齢や産後のホルモンバランスの崩れ
・ストレス

といった原因が影響してシミができます。

30代以降からできやすくなり、
ほほや目の周りに多く見られます。

老化現象の1つである老人性色素斑、ニキビ跡にできる炎症後色素沈着
ホルモンバランスの乱れによってできる肝斑(かんぱん)など、
原因によって様々なシミがあります。

◆そばかすができる原因は?

そばかすができる原因は、
シミと違い遺伝的な要因が主です。

そばかすは、鼻の周りやほほに出やすく、
幼少のころから現れることも多くあります。

そばかすというのは通称で、正式名は雀卵班(じゃくらんはん)といいます。

シミやそばかすは後天性や遺伝といった違いはありますが、
発生するメカニズムは同じで、
メラニン色素の過剰生成が影響しています。

つまり、メラニン色素の生成をコントロールすることができれば、
シミもそばかすも治すことができるというわけです。

Sponsored Link

シミとそばかすの正しいケア方法!

シミとそばかすを治すためのケア方法には、
色々な方法がありますが、
1度に全部をやる必要はありません。

すぐに治るものではないので、
まずはどれか1つのケアを習慣にして、
それから他の方法も試してく、といったやり方がおすすめです。

それでは、シミとそばかすを治すための、
正しいケア方法を紹介します!

◆紫外線を避ける

全く紫外線を浴びないというのは無理だし、
体にも悪いです。

必要以上に紫外線を浴びないよう心がけましょう。

紫外線は、シミとそばかすを作るメラニンの生成を促すため、
紫外線対策が、シミ・そばかすを治すための第一歩になります。

長時間外出する時には、日焼け止めクリームを塗ったり、
日傘や帽子を持っていくようにしましょう。

◆肌を刺激しない

特に朝の洗顔時や、化粧を落とす時に、
ついついゴシゴシと顔をこすりがちになります。

メラニンは肌への刺激でも生成されてしまうので、
ゴシゴシと顔をこすると、シミ・そばかすをさらに悪化させてしまいます。

吸水性の高い、柔らかいタオルを使って、
優しくこすらないよう顔を拭くようにしてください。

◆十分な睡眠を取る

寝不足は肌の天敵!

睡眠時間を十分に取って、肌をしっかりと休ませ、
肌が生まれ変わるターンオーバーを促進させましょう。

深い眠りにつけば、成長ホルモンが活発になるため、
よりターンオーバーを早めてくれます。

そのためには、寝る30分前から、
TVやパソコン、スマホなどを見ないようにしましょう。

これらの光は脳を刺激して、昼間だと勘違いさせてしまうので、
寝付けなかったり、浅い睡眠になってしまいます。

◆栄養バランスのいい食事をする

肌だけでなく、体の健康を保つためにも、
栄養バランスを意識した食事をしましょう。

特に肌にいいとされているのが、
ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などです。

ビタミンCは、
パプリカやピーマン、ブロッコリーなどに、

ビタミンEは、
かぼちゃ、うなぎ、アボカドなどに、

コエンザイムQ10は、
大豆、ほうれん草、いわしなどに多く含まれています。

これらの食材を意識して取ることで、
体の中から、シミ・そばかすを治していくことができます。

シミとそばかすの違いは?原因はなに?正しいケアで対策! まとめ

シミとそばかすは、後天性か遺伝性かの違いはありますが、
原因はハッキリしていて、メラニンの異常生成が影響しています。

このメラニンさえうまくコントロールできれば、
シミ・そばかすを治すことができます。

が、すぐに効果は出ないので、
根気よく毎日ケアをしていくことを、
まずは心がけてください。

そうした積み重ねをしてくことで、
やがて美しい肌を取り戻すことになりますよ。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ