> 鼻水の色!オレンジや緑・透明などの違いは?SOSのサイン? | トレンド速報ニュース

鼻水の色!オレンジや緑・透明などの違いは?SOSのサイン?

Pocket

ちょっとしたくしゃみなどが原因で出る鼻水
その役割はとても大切なもので、様々な病原体から守ってくれる頼もしい存在です。

風邪を引いたり花粉症などのアレルギー症状がでると、
体の中に侵入しようとする病原菌を洗い流そうとして鼻水が出ます。

その数が多いと出る鼻水の量も多くなりますが、
鼻水の色の違いにはどんな意味があるのでしょうか?

透明・オレンジ・緑色など、
症状によって鼻水の色が違ってくるので、
それによってどんな症状が体に出ているのかを知ることができます。

この記事では、鼻水の色の違いによる症状や原因についてまとめてみました。

Sponsored Link

鼻水の色の違いは?透明やオレンジ・緑色の鼻水の原因は?

それでは鼻水の色の違いについてみていきましょう。

◆透明の鼻水

風邪のひき始めやアレルギー症状の場合、
透明の鼻水が出ることが多いです。

くしゃみや目の痒みといった症状があり、
何日経っても透明のままであれば、
花粉症などのアレルギー性鼻炎の可能性が高いですね。

その場合は病原体と戦っているわけではなく
異物を洗い流すために出ているということになります。

耳鼻科などで適切な薬を処方してもらうことで、症状は改善に向かいますよ。

風邪の場合は、風邪を悪化させないよう、
体調管理にいつも以上に注意するようにしてください!

◆白色の鼻水

白色の鼻水風邪を本格的にひいてしまった場合によく出ます。

透明から白色に鼻水が変わったら、
体調に変化はなくても風邪を引いているので、
無理せず体を休めるようにしてください。

◆緑・黄緑色の鼻水

緑や黄緑色の鼻水は、
風邪が治りかけの時にでる鼻水です。

体内の病原体を白血球が退治して、
鼻水と一緒に体外へ排除するため、緑や黄緑色の鼻水になります。

免疫機能がしっかりと働いている証拠の鼻水ですね。

◆オレンジ色の鼻水

オレンジ色の鼻水の場合、
”膿”が出ている可能性があり、「副鼻腔炎」になっているかもしれません。

副鼻腔炎は、鼻の奥に細菌などの病原菌に感染して引き起こされます。

やっかいなのは、
風邪から副鼻腔炎になってしまうケースがあるということ。

いつまで経っても鼻水が止まらなかったり
片方だけ出る、頭痛・顔面痛などの症状がある場合は、
副鼻腔炎になっている可能性があります。

副鼻腔炎の治療には抗生物質が必要になるので、
速やかに耳鼻科を受診してください。

◆赤・茶色の鼻水

赤色の鼻水は、鼻の粘膜が傷付いて出血し、
それが混ざって出て来ることがある鼻水です。

鼻のかみすぎで鼻の奥の粘膜を傷つけてしまっている場合が多いです。

茶色の鼻水の場合、
古い血液であったり汚染物質であることがあります。

特に緑から茶に変化した場合は、
副鼻腔炎が悪化して炎症を起こしている恐れがあるため、
急いで耳鼻科で診てもらってください。

◆黒い鼻水

見た目で一番驚くのが黒い鼻水です。

かなりインパクトがあるため、

「重大な病気なのでは!?」

と焦ってしまうかもしれませんが、
タバコの煙や空気の汚れによるものが多いようです。

ただし鼻の奥で隠れ出血をしていて血が溜まり、黒くなってしまっていることもあるため、
黒い鼻水の状態が続くようであれば、病院にいきましょう。

Sponsored Link

鼻水の色!オレンジや緑・透明などの違いは?SOSのサイン? まとめ

上記のように様々な理由によって鼻水の色が違うものが出ますが、
基本的に透明以外はあまり良いものではありません。

鼻をかんだ時に一時的に出るなどの場合は様子を見てもいいですが、
症状が長期に渡る場合は、必ず医療機関を受診し医師の診察を受けるようにしてください。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ