> 急性胃腸炎とは?原因はストレス?早く治す方法は? | トレンド速報ニュース

急性胃腸炎とは?原因はストレス?早く治す方法は?

Pocket

胃腸炎
突然襲ってくる猛烈な腹痛
そして下痢

そのあまりの痛さに身動きがとれず、
ただただうずくまり、
痛みが治まるのを待つばかり…

そんな症状に見舞われるのが、
急性胃腸炎です。
 
 
急性というぐらいなので、
突然、激痛が腹部に走ります。

そんな急性胃腸炎になる原因は?
早く治す方法は?

Sponsored Link

急性胃腸炎とは?主な症状は?

そもそも、
急性胃腸炎とはどういったものなのか?
どんな症状が出るのか?
 
 
急性胃腸炎とは、
一過性の胃炎、および腸炎のこと。

主な症状としては、

  • 腹痛
  • 激しい下痢
  • 発熱
  • 倦怠感
  • 嘔吐

  • といった症状が出ます。
     
     
    発熱や倦怠感などから、
    「風邪かな?」
    と思いがちですが、

    腹痛激しい下痢といった症状は、
    普通の風邪では見られません。

    ひどい場合は、
    血圧低下意識障害などの、
    ショック症状を引き起こす場合があるので、
    決して軽く見る病気ではないです。

    Sponsored Link

    急性胃腸炎の原因は?ストレス?

    胃炎や腸炎と聞くと、
    ストレスが原因と思いますよね?

    急性胃腸炎も、
    ストレスが原因でなるケースが多々あります。
     
     
    ストレスが原因の急性胃腸炎であれば、
    まだいいですが、
    (本人は全然よくないです…)

    急性胃腸炎の原因は、
    なにもストレスだけではありません

    もっとも注意すべき原因として、
    細菌による急性胃腸炎と、
    ウィルスによる急性胃腸炎があります。
     
     
    O-157を代表として、
    サルモネラ菌腸炎ビブリオなどの細菌群が、
    急性胃腸炎を引き起こします。

    食べ物が腐りやすい夏場では、
    食中毒として、
    急性胃腸炎になることが多いです。
     
     
    ウィルスによる急性胃腸炎の場合、

  • ノロウィルス
  • ロタウィルス

  • が、代表格として挙げられます。

    細菌の場合とは逆に、
    ウィルスが原因の急性胃腸炎は、
    冬に多くなります。

    特にウィルス性で注意しないといけないのは、
    第三者に感染させてしまう場合があることです。

    看病する場合はもちろん、
    治ってからも、
    1週間は手洗いを徹底するようにしましょう。

    Sponsored Link

    急性胃腸炎を早く治す治療方法は?

    極度の腹痛、激しい下痢と嘔吐。

    そんなつらい症状とは、
    早くオサラバしたいですよね?

    急性胃腸炎を早く治すには、
    3つのポイントがあります。
     
     
    ◆こまめな水分補給を!

    激しい下痢発熱によって、
    体中の水分が失われていきます。

    脱水症状を防ぐためにも、
    こまめな水分補給をしましょう。

    普通の水でもいいですが、
    経口補水液が一番効果が高いです。

    スポーツドリンクは、
    急性胃腸炎の早期治療には適していないため、
    なるべくさけるようにしましょう。

    <自宅で作るお手軽電解質液レシピ>

  • 砂糖:40g
  • 塩:5g
  • 100%果汁:150〜200ml+水
  • 合計で1ℓになるようにする。

    果汁はリンゴや、
    ビタミンCが豊富なミカンなどがオススメ!

    電解質液も経口補水液と同等の効果があります。

    ◆下痢止め、吐き気止めなどの薬を飲まない!

    あまりにもつらいため、
    ついつい薬を飲んで
    下痢や吐き気を止めようとしまいがち。
     
     
    ですがそれは、
    かえって急性胃腸炎
    長引かせることになります。

    下痢嘔吐は、
    体の中にある有害なものを、
    外に出そうとする防衛反応です。

    それを薬を使って、
    無理矢理止めると、
    ウィルスや細菌が体の中に残ってしまい、
    再び増殖してしまいます。

    つらいですが、
    ここはグッとこらえて、
    症状が治まるのを待ちましょう。
     
     
    どうしてもという場合は、
    必ず医師に診断を仰ぎ
    処方された薬を飲むようにしましょう。

    ◆食事を控える!

    胃や腸といった、
    消化器官の病気なので、
    しばらくは普通の食事はやめましょう。
     
     
    下痢や嘔吐といった症状は、
    2日ほどで治まることがほとんどですが、
    そこで調子に乗って普段の食事をするのはNG

    というのも、
    症状が治まっても、
    胃腸が回復するのには、
    まだまだ時間がかかります

    おかゆをはじめとした、
    消化にいいものを少しずつ食べ、
    胃腸の負担を軽くしてあげましょう。

    また、
    なかなか下痢が止まらないという場合は、
    すりおろしリンゴが効果抜群です。

    胃腸炎2

    まずは素直に医師の診断を!

    突然の腹痛や、
    激しい下痢に襲われたら、
    まず間違いなく急性胃腸炎です。
     
     
    急性胃腸炎になったら、
    まずは素直に医師の診断を仰ぎましょう。
     
     
    ストレスが原因なのか?
    細菌やウィルス性なのか?
     
     
    原因によって、
    治療方法が変わりますし、
    ウィルス性なら、
    二次感染に気をつけないといけません。

    正しい治療が、もっとも早く、
    急性胃腸炎を治す方法ですよ!

    Pocket

    [美容・健康・医学]

    Sponsored Link

    あなたにおすすめの記事はこちら!

    このページの先頭へ