> PM2.5の飛来 洗濯物を干しても大丈夫?安全な干し方は? | トレンド速報ニュース

PM2.5の飛来 洗濯物を干しても大丈夫?安全な干し方は?

Pocket

PM2.5洗濯物
ますます深刻さが増している、
PM2.5による大気汚染。

対策方法はさまざまありますが、
日常生活における対策で、
知っておきたいのが洗濯物です。

毎日洗濯する家庭もあるでしょう。

外に干しても大丈夫なのか?
部屋干しだと安全なのか?
洗濯物にPM2.5が付着したら?

など疑問に思うことは、
いっぱいあるでしょう。

洗濯物を安全に干す、
ベストな方法は?

Sponsored Link

PM2.5が飛来中は洗濯物を干しても大丈夫?

PM2.5について、
簡単に説明すると、
極微粒子の有害物質です。

詳しくは
コチラの記事を参考にしてください。

話題のPM2.5ってなに?その原因と対策を伝授!

こんな物質が飛来していたら、
洗濯物を外には干せません

PM2.5は、
あまりにも粒子が小さいため、
洗濯物には付着しない

という人もいます。

それを信じたとしても、
目に見えないものだけに、
不安は拭えません。

手ではたいたとしても、
本当に落ちているかどうか
全く分かりませんからね。

洗濯物は、
部屋干しをするのが、
もっとも無難な選択だと言えます。

Sponsored Link

部屋干しの生乾き、ニオイ対策は?

PM2.5対策として、
洗濯物を部屋干しすると、
新たな問題が出てきます。

洗濯物の生乾きや、
ニオイ雑菌の繁殖などです。

せっかく、
PM2.5の問題を解決しても、
コレでは不安は消えません。

簡単な対応として、
近くにコインランドリーがあれば、
それを利用するといいでしょう。

まぁお金がかかりますが…

もしくは、
乾燥機付きの洗濯機ですね。

コチラもお金がry…

部屋干しで、生乾きや、
ニオイを発生させないコツは、

”早く乾燥させること”

コレにつきます。

では、どうやれば、
洗濯物を早く乾燥させることができるのか?

それは次で詳しく説明します。

PM2.5洗濯物1

部屋干しの洗濯物を早く乾燥させる方法

部屋干しの洗濯物を、
早く乾燥させる5つのコツ!

1.リビングを利用する
リビングは風通しがよく、
広いので、
湿気がこもるのを防ぎます。

2.洗濯物のあいだにすき間を作る
どうしても、
一度にたくさん干そうとして、
すき間をなくしたくなりますが、

そこはグッと我慢して、
あいだを空けて、洗濯物を干しましょう。

結果的にその方が、
早く洗濯物が乾きます

3.洗濯が終わったら早く干す
ニオイの原因は、
洗濯が終わったあとに、
早く干さないことです。

なるべく早く干せば、
それだけニオイの発生を防げます。

4.エアコン、扇風機を利用する
PM2.5のせいで、
窓を開けるのは難しいです。

変わりに、
扇風機エアコンの風を、
洗濯物に当てて、
早く乾くようにしましょう。

5.柔軟剤を使う
柔軟剤には、
静電気の発生を予防する効果と、
ニオイの発生を抑制する効果があります。

PM2.5を寄せつけず、
イヤなニオイも抑える柔軟剤は、
なくてはならないものです。

PM2.5洗濯物2

PM2.5の数値に日頃から気をつける

PM2.5のピークは、
4月〜6月ごろまで
と言われています。

あまり神経質になって、
日常生活に支障が出るのは、
問題ですが、

PM2.5が多いと予想される日は、
飛散量をチェックするようにしましょう。

コチラが環境省の、
大気汚染監視システム
「そらまめ君」のホームページです。

そらまめ君

どうしても外で干したい場合は、
PM2.5用の、
洗濯物カバーを使いましょう。

洗濯物を取り込む時には、
マスクを忘れずに。

PM2.5は非常に小さいので、
完璧に防ぐことはできません

ですが、極力、
家の中に持ち込まないように
することはできます。

外から帰ってきたら、
玄関先で服をはたく

手洗い、うがいをする

脱いだ服をすぐに洗濯する

など、無理のない程度に、
PM2.5対策をしましょう。

特に小さい子どもや、
高齢者の方と住んでいる場合は、
より意識した方がいいです。

非常に厄介な存在のPM2.5ですが、
キチンと対策すれば、
そんなに恐れることはありません。

PM2.5のせいで、
生活バランスが崩れることがないよう、
うまくつき合っていきましょう。

PM2.5対応の空気清浄機もあると安心ですね。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ