> 結婚式のお礼の相場はいくら?手伝ってくれた人への感謝の気持ち | トレンド速報ニュース

結婚式のお礼の相場はいくら?手伝ってくれた人への感謝の気持ち

Pocket

結婚式お礼
初めての結婚式

あたふたしながらも、
なんとか準備が間に合いそう、
という時に、忘れてはならないのが、
結婚式を手伝ってくれる人へのお礼です。

結婚式の司会をしてくれる人や、
乾杯の発生をしてくれる人。

受付をしてくれる人や、
式を盛り上げてくれる人。

遠方から足を運んでくれたゲスト、
などなど、
結婚式を手伝ってくれる人への、
お礼を用意しておきましょう。

Sponsored Link

結婚式のお礼を渡す事前準備

結婚式でお世話になる人に、
お礼を渡すわけですが、
しっかりと事前準備をしておきましょう。

最低限、式の1週間前には、
”誰にいくら渡すか”
のリストを作っておくのがベストです。

お礼の事前準備チェックリスト

  • お礼を渡す人のリストアップ
  • 新札の千円札を多めに用意
  • ポチ袋(多めに)、ご祝儀袋を用意
  • 筆ペン、毛筆で表書き
  • いつ、誰が渡すかの確認

事前準備の重要性が分かったところで、
誰にいくら渡すか、
お礼の相場を知っておきましょう。

1万円未満はポチ袋
1万円以上はご祝儀袋で渡すのが、
相手に失礼のないマナーです。

Sponsored Link

結婚式のお礼の相場 司会・受付・お車代etc…

結婚式のお礼を渡す相手は、
大勢います。

それぞれの人に失礼のないよう、
お礼の相場どのタイミングで誰が渡すかを、
しっかりと把握しておきましょう。

司会者(友人、知人)

結婚式を取り仕切ってもらう、
重要な役割です。

事前準備や、
当日も食事をとる暇がないなど、
かなりの重労働になります。

それに見合ったお礼をお渡ししましょう。

◆お礼の相場:3万円+ご祝儀分
ご祝儀をいただいていない場合は、
3万円で、いただいている場合は、
ご祝儀に上乗せしましょう。

◆渡すタイミング:結婚式が始まる前

◆誰が渡すか:両家の親から
両家の名字を表書きした、
ご祝儀袋でお渡ししましょう。

受付をしてくれた人

芳名帳(ほうめいちょう)
への記入のお願いと、
ご祝儀を受け取る重要なポスト

新郎、新婦から、
友人を1〜2名お願いするのが普通です。

◆お礼の相場:3千円〜5千円

◆渡すタイミング:受付が始まる前

◆誰が渡すか:それぞれ頼んだ側の親から

結婚式お礼1

主賓・乾杯の発生をしてくれた人

披露宴のさいに、
祝辞を読んでもらう主賓
乾杯の発声をしてもらう人は、
両家から1人ずつ選ぶのが一般的。

式をしめてくれる需要な役割です。

◆お礼の相場:1万円〜+お車代
お車代の代わりに、
往復のハイヤーの手配
新幹線代を払う場合もあります。

◆渡すタイミング:受付後

◆誰が渡すか:頼んだ側の親から

遠方からのゲスト

わざわざこの日のために、
遠路はるばる来ていただいたゲスト。

失礼のないように、
感謝の気持ちを表しましょう。

◆お礼の相場:実費の半額〜全額
遠方からの交通費+宿泊費を、
全額負担するのがベスト。

無理な場合は、
半額負担にしましょう。

◆渡すタイミング:受付後

◆誰が渡すか:親族なら親が、親族以外は受付で

写真・ビデオ撮影を依頼した友人・知人

一生に一度の、
大切な思い出を記録してくれる、
大事な役目です。

しっかりとお礼をしましょう。

◆お礼の相場:1万円〜3万円+別途料金
式の間中、
つきっきりの場合がほとんど。

後日、
プリント代を上乗せして渡しましょう。

◆渡すタイミング:披露宴終了後、もしくは後日

◆誰が渡すか:撮影を依頼した本人

スピーチ・余興などをしてくれた人

新郎新婦の思い出や馴れ初め
式を盛り上げてくれる、
余興をしてくれた人にも、
お礼を忘れずに。

◆お礼の相場:5千円+α
感謝の気持ちを上乗せして。

商品券や、
記念品を渡す場合もあります。

◆渡すタイミング:披露宴終了後、もしくは後日

◆誰が渡すか:依頼した本人

結婚式お礼3

ブーケなど手作り品を作ってくれた人

結婚式のワンポイントアイテム
作ってくれた人にも、
お礼をしてあげましょう。

特にブーケは最重要なアイテムです。

◆お礼の相場:3千円〜2万円
製作期間や材料費など、
総合的に判断したお礼を。

◆渡すタイミング:披露宴終了後、もしくは後日

◆誰が渡すか:依頼した本人

結婚式お礼2

仲人

最近は依頼することが減っていますが、
重要な役割を担ってくれた人です。

気持ちをつくして、
お礼をしましょう。

◆お礼の相場:ご祝儀の2倍が目安
10万円〜20万円ほど。

高額になるため、
格式の高いご祝儀袋を用意しましょう。

プラスしてお車代と、
菓子折りもお渡しします。

◆渡すタイミング:披露宴終了後

◆誰が渡すか:両家の親がそろって
あまり人目につかない、
別室でお会いして渡すのがいいです。

祝福してもらったお礼はキチンと返しましょう

結婚式には、様々な人が関わり
新郎新婦を祝福してくれます。

祝福をしてもらったら、
しっかりとお礼をしましょう。

相手によって、お礼は変わりますが、
今回の相場を目安に、
お礼を決めておきましょう。

せっかく祝福してくれたのに、
こちらからのお礼が失礼だと、
相手に不愉快な思いをさせてしまいます。

無理のない、できる限りの範囲で、
感謝の気持ちを表しましょう

Pocket

[結婚式, 雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ