> 畳のカビ対策!しつこいカビを除去して和室を清潔に! | トレンド速報ニュース

畳のカビ対策!しつこいカビを除去して和室を清潔に!

Pocket

畳
湿気がこもりやすい、
これからの時期に、
いつの間にかカビが発生していた。

という経験を、
したことがある人は多いでしょう。

いつも気をつけているのに、
なぜかカビが生えてしまう。

そんなあなたに、
畳のカビ対策を伝授します。

Sponsored Link

畳のカビの除去のやり方

畳のカビ対策の前に、
生えてしまったカビの除去方法を教えます。

間違ったやり方をすると、
せっかくの畳を痛めてしまいますよ。

畳のカビを除去するには、
天気のいい日を選びましょう。

これは、
しっかりと畳を乾燥させるのに、
すごく重要なことです。

できれば、
午前中に畳を掃除して、
午後はずっと乾燥させる。
ぐらいがベストです。

Sponsored Link

1.畳を乾かす

まずは部屋の窓を開け、
畳を乾かします

畳をはがして、
天日干しにするのがいいですが、
難しい場合はやらなくても大丈夫です。

そんな時は、
ドライヤーを使います。

畳の湿気を徹底的に乾燥させましょう。

2.掃除機をかける

畳が乾いたら、
畳の目にそって掃除機をかけます。

間違っても、
ぬれた雑巾で拭かないように!

ぬれた雑巾で拭くと、
カビが畳の奥深くに入ってしまいます。

必ず掃除機を使いましょう。

それでも取りきれないカビは、
歯ブラシでやさしく取り出し、
掃除機で吸います。

畳1

3.消毒用エタノールで拭く

カビを掃除機で吸い取ったら、
消毒用エタノールを雑巾にしみ込ませ、
畳を拭いていきます。

畳によっては、
使ってはいけない場合があるため、
注意してください。

確認が取れない場合は、
この手順を飛ばしても、
問題ありません。

4.畳をしっかりと乾燥させる

畳のカビの除去の仕上げは、
しっかりと畳を乾燥させることです。

そのために、天気のいい日を選び、
時間の余裕のある時を選んでいるのです。

ここをおろそかにすると
あっという間に、
またカビが生えてしまいます。

部屋の窓を開け、
扇風機なども使って、
空気の流れを作り乾燥させましょう。

以上が、
畳のカビの除去の仕方です。

畳のカビ対策!二度とカビをはやさないために

畳のカビを除去するのは、
結構な手間ですよね?

そんな手間は、
誰だって取りたくないです。

畳に二度とカビを生やさないための、
対策をしましょう。

カビの発生条件で、
一番気をつけなければいけないことは、
”湿気”です。

この湿気対策さえできれば、
カビの発生を防ぐことができます。

そのためにやることは、
いたってシンプル

「晴れの日に窓を開け、
風通しを良くして乾燥させる。」

たったこれだけです。

雨の日は、
エアコンのドライ機能を使ったり、
除湿器を使って、湿度を下げましょう。

湿度が65%以下であれば、
カビの発生を防げます。

畳2

カビの発生を防いで和室を清潔に!

せっかくキレイな、
畳一面の和室なのに、
そこにカビが生えていたら台無しです。

雰囲気を壊さないよう、
しっかりとカビを予防しましょう。

畳は性質上
どうしてもカビが発生しやすいもの。

というのは、
畳は呼吸をしているからです。

畳に使われているイグサは、
空気中のチリホコリを、
吸い取ってくれます。

そして無害な空気
吐き出しています。

あの畳の独特のニオイは、
イグサの呼吸のせいです。

当然、空気中の水分も、
吸収してくれますが、
その吸収量が多すぎると、
カビが発生してしまいます。

しっかりと部屋を乾燥させることで、
畳の本来の働きをしてくれます。

カビ対策をして、
清潔な和室を維持しましょう!

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ