> 富士山の登山に必要な装備リスト!初心者こそ万全の装備を! | トレンド速報ニュース

富士山の登山に必要な装備リスト!初心者こそ万全の装備を!

Pocket

登山
世界遺産にも登録され、
ますます登山者が増えている富士山

初心者でも登りやすく、
初めての登山を、
富士山にする人は多いです。

それでも、
ちゃんとした装備をしていないと、
思わぬ事故に遭うことも…

万全な装備で登れるよう、
装備リストでチェックしましょう!

Sponsored Link

富士山の登山に必要な装備リスト:服装

まずは登山にふさわしい服装をチェック!

ふもとと山頂では、
気温がかなり違ってきます。

温度調節ができる服を準備しましょう。

□アンダーウェア
速乾性のもがベスト。

□シャツ
長袖のものを使用。
こちらも速乾性に優れたものを。

□レインコート・雨具
突然の天候の崩れに対応できます。

□防寒具
フリースやダウンジャケットなど。
軽くて持ち運びに便利なものがいい。

□ズボン
伸縮性のある長ズボンを。
半ズボンは、
ケガの危険性があるのでNG

□クツ
トレッキングシューズや登山靴など、
クツ底がしっかりして、
くるぶしを被うハイカットのものがオススメ。

登山2

□帽子
紫外線対策に。
早朝や、山頂付近では冷え込むので、
ニット帽を用意しておくといいです。

□ソックス
速乾性のものを使用。

□軍手
手の保護や紫外線対策に。

□ネックウォーマー
あると寒さ対策になります。

□着替え
下山した後、
温泉で疲れをいやす場合は必須。

そうでなくても、
汗で汚れているので、
あった方がいいです。

Sponsored Link

富士山の登山に必要な装備リスト:必須な持ち物

□ザック
20〜30リットルのものを使用。
腰ベルトのついたもの、
ペットボトルを入れるポケットがあると、
さらにいいです。

□ザックカバー
雨からザックを守るのに使います。

□ヘッドランプ
昼間の登山でも必要
何かあったときのためにも、
予備の電池も忘れずに。

□水筒
ウォーターパックに吸い口がついた、
ハイドレーションシステムのものが便利。

□地図
登山用の本格的な地図を用意しましょう。
現在地を読み取る、
目的地までのルート、所要時間など、
必要な情報が手に入ります。

□サバイバルレスキューシート
防災グッズでよく見る、
アルミ製のシートです。
専門店で入手が難しい場合は、
100均のもでも、十分効果があります。

登山1

□タオル
登山中の汗を拭くのに。
何かと便利なので、
2〜3枚、余分にあるいいです。

□救急キット
持病の薬や傷薬、
保険証のコピーや、
傷口を洗う水など。

いざという時のための準備はしておきましょう。

□食べ物
登山にはかなりのエネルギーを使います。
消化に時間のかからない、
チョコレートやアメがあると助かります。

富士山の登山に必要な装備リスト:あると便利な持ち物

□トレッキングポール
いわゆるストック。
ヒザの負担を減らしてくれるので、
かなり楽に登ることができます。

□ビニール袋
ゴミ袋としても使えますし、
汚れたものを入れるのにも使えます。
何枚か用意しておくと便利です。

□トイレットペーパー
芯を抜けば、
つぶせてかさばらないため、
持っていくといいでしょう。

□サイフ
主に小銭を用意しておきます。
トイレの使用や、
山小屋で買い物をする時に使います。

□ウェストポーチ
小物を入れておくのに便利。
食べ物やサイフを入れておきましょう。

□携帯電話
充電器もセットで用意。
万が一のためです。

□腕時計
時間管理をするのに、
あるといいでしょう。

□カメラ
山頂からの眺めを、
しっかりと焼き付けましょう。

登山3

登山初心者だからこそ万全の準備を!

登山初心者が、
必要なものをそろえると、
だいたい7万円ほどかかります。

ここで、そんなにお金をかけたくないと、
ケチりたくなる気持ちも分かりますが、
初心者だからこそ最高の装備を整えましょう。

いくら富士山と言えど、
山登りは命に関わる事故が、
いつ起きるとも分かりません。

その時に、
万全の準備をしていなかったために、
命を落としてしまう登山者も多いです。

富士山は、
しっかりとした装備をしていれば、
かなりゆっくり登っても
余裕のある登山ができます。

初心者が富士山を選ぶのも、
そういった所からです。

最高の装備を整えて、
富士山を登りきりましょう。

Pocket

[スポーツ]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ