> 舌苔の原因は?病気?舌の色でわかる不調のサインは? | トレンド速報ニュース

舌苔の原因は?病気?舌の色でわかる不調のサインは?

Pocket

舌苔原因
「舌苔(ぜったい)」

この言葉を、
聞いたことがある人も多いでしょう。

でも、実際のところ、
原因は何なのか?
どんな影響があるのか?

を正確に知っている人は少ないのでは?

舌苔ができる原因と、
舌の色からわかる、
体の不調のサインについて、

しっかりと把握して、
病気の早期発見につとめましょう。

Sponsored Link

舌苔(ぜったい)の原因は?

舌の表面にある、
白色のコケに見えるのが、
「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるものです。

舌苔はどんな人の舌にも必ずあり、
基本的には、
健康に害をなすことはありません。

ですが、人よりも舌苔がたまりやすい
という場合は注意が必要です。

舌苔ができる主な原因は、

  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 唾液の分泌量の低下
  • 免疫力の低下
  • 口呼吸
  • タバコの吸い過ぎ


といったことでたまっていきます。

これらの原因に、
当てはまる項目が多い人ほど、
舌苔がたまりやすいのです。

Sponsored Link

舌の状態で病気がわかる?

普段、自分の舌を、
まじまじと見つめるというのは、
なかなかありません。

舌というのは、
体の状態を知るには、
重要なものさしになります。

舌の色、形、そして舌苔に体調の違いが現れるので、
重要な診断ポイントになるのです。

舌を見ただけで、
その人の体調がわかるほど。

では、
健康な舌とはどのような状態なのか?

健康な舌の状態は、
色は淡い赤からピンク色

厚くもなく薄くもなく、
真ん中がふっくらとして弾力があり、
うっすらと舌苔がはえています。

大きさは口角に隙間があるくらいで、
歯の内側にキレイに納まるぐらいがベストです。

コレが健康な舌の状態です。

舌苔原因1

舌の色でわかる不調のサインは?

健康な状態の舌がわかったところで、
体が不調のサインを出している時の、
舌の状態を見てみましょう。

◆黄色い舌苔がはえている
あなたの舌に黄色い舌苔が生えていたら、
食べ過ぎ、飲みすぎ、便秘かもしれません。

体に余計な熱がこもっていると、
黄色い舌苔がはえやすくなります。

食生活が乱れていないか
見直してみてください。

舌苔原因2

◆舌の色が赤紫や青っぽい
舌の色が赤紫色青っぽい感じで、
斑点がある場合は、
体が冷えていることが疑われます。

血行不良で足先や手先が冷たく、
腰が冷えている人に多い舌の状態がコレです。

しょうがやニンニクなどのスパイスを摂ったり、
下半身の運動をして、
全身の血流をアップさせましょう。

◆舌の色が薄い
舌の色が薄い場合は、
貧血胃腸の不調が疑われます。

不足している血を補うため、
ドライフルーツナッツなどを、
積極的に食べるようにしましょう。

また、早く寝ることを心がけるだけでも、
血の消耗が防げます。

◆舌のフチに歯形がつく
舌のフチに歯型がついている場合は、
エネルギー不足による疲れのサインです。

体が冷えていることも関係しているため、
疲れをとりつつ、体を温めることが必要です。

温野菜や、穀物、納豆などの豆類を積極的に食べて、
エネルギーを補給しましょう。

舌をチェックする習慣をつけよう!

あなたに当てはまる舌の状態はありましたか?

今はちょっとした体調の変化でも、
つもりつもれば、
いつかは重大な病気につながります。

逆に言い換えれば、
自分の舌を見ることで、
事前に病気を防ぐことができます。

舌苔の状態
舌の色や形を毎日チェックして、
気づきにくい、
病気のサインを発見しましょう。

顔を洗う時やお化粧する時など、
鏡に向かう時には、
舌の状態を見てください。

そうすることで、
体の中からの声を聞くことができ、
自分を見つめ直す、
いいチャンスになりますよ。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ