つらい二日酔いの吐き気!原因別!早く効果的な治し方!

Pocket

w
楽しい楽しい飲み会

その翌日に襲ってくるのが、
つらいつらい二日酔いです。

とくに吐き気がある時は最悪です。

そんな状態で仕事に行くと、
何も手につかず、
ボロボロになってしまうことも…

そんなつらい二日酔いの吐き気

その早く効く、
効果的な治し方を、
原因別にまとめました。

Sponsored Link

脱水症状からくる吐き気

二日酔いの症状で、
もっとも多いのが
脱水症状が原因で起きるものです。

頭痛だるさ吐き気食欲不振など、
とにかく、体がゆうことをききません。

なぜ、お酒を飲むと、
脱水症状になるのか?

それは、アルコールの利尿作用のせいです。

アルコールの利尿作用により、
体の水分がドンドン失われていきます。

アルコール度が高ければ高いほど
利尿作用が強く働き、
脱水症状が起こりやすくなります。

強いお酒が好きな人は、
とくに要注意ですよ!

◆治し方
脱水症状が原因の場合は、
すごく単純で、
ひたすら水分をとります

お酒を飲みながら、水分を取ることで、
二日酔いを予防するこもできます。

お茶スポーツドリンク
二日酔いの定番である、お味噌汁も効果的です。

アルコールがまだ残っているな…
と感じるときは、
魚介類を入れたお味噌汁がオススメです。

Sponsored Link

胃の塩酸過多による吐き気

アルコールは、
利尿作用だけでなく、
胃酸の分泌もうながします。

その結果、
胃酸過多が起こリ、
吐き気をもよおしてしまうのです。

吐き気以外にも、
下痢の症状が出るのが、
胃酸過多による吐き気の特徴です。

◆治し方
船酔いにも効く、
生姜汁が効果的です。

生姜汁は昔からの民間療法ですが、
胃を整える作用が、
生姜の辛味成分に含まれています。

過剰な胃酸の分泌をおさえ、
吐き気をしずめてくれます。

生姜汁以外では、
重曹をコップ一杯に、
小さじ1~2杯、混ぜて飲むのもいいでしょう。

生姜汁や重曹が効かなかった場合は、
水を飲んで、代用しましょう。

二日酔い1

低血糖症による吐き気

肝臓が弱い方に起こります。

通常、
肝臓は糖分を蓄え
体に供給をしています。

と、同時に、
アルコールの分解もしてくれます。

アルコールが大量に摂取されると、
アルコールの分解に忙しくなり、
糖分の供給ができなくなります

その結果、
必要な糖分が不足し、
低血糖になってしまうのです。

頭痛、吐き気、体がだるい、
以外に、めまいを覚えたら
低血糖になっている可能性があります。

◆治し方
ハチミツブドウ糖などで、
糖分を補給しましょう。

それらを含んでいるスポーツドリンクもオススメです。

その他には、
オレンジレモンといった、
果実系のフレッシュジュースも、
低血糖の症状には効果があります。

食べ物では、
炭水化物などを多く含む、
コーンフレークがオススメです。

Sponsored Link

メタノールによる吐き気

ウィスキー、テキーラ、ワイン、ブランデー
といったお酒を飲み過ぎると、
メタノールによる二日酔いになっていまいます。

メタノールによる二日酔いは、
頭痛、吐き気、体のだるさ以外に、
体の痛みを覚えます。

普通の二日酔いとは違うな?

と感じたら、
メタノールが原因の二日酔いでしょう。

◆治し方
通常、もしくは、
酸素入りのミネラルウォーター
またはスポーツドリンクが効果的です。

果実にはメタノールが含まれているので、
フルーツジュースは避けましょう。

二日酔い2

つらい二日酔いの吐き気からの開放!

一言で二日酔いといっても、
その原因は様々です。

二日酔いになってしまったら、
どんな症状がでているのかを見て、
その原因にあった治し方をしましょう。

一番の対応策は、
二日酔いにならないように、
予防することです。

飲む前に、
牛乳やヨーグルトといった乳製品
お米などの炭水化物を口にする。

飲んだあとに、
「ウコン」を飲む。

などの対策を取ることで、
二日酔いそのものを予防することができます。

「酒は飲んでも飲まれるな」

とは古くから言われている言葉です。

上手にお酒と付き合って、
気持ちの良い朝を迎えましょう。

ちなみに、
迎え酒(むかえざけ)は、
二日酔いに何の効果もないので厳禁です!

他にも二日酔いの強い味方として、
こちらもオススメですよ。
⇒販売数290万個突破「しじみ習慣」無料サンプル
⇒数値も飲み過ぎも気にならない!「レバリズム−L」

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

関連記事

このページの先頭へ