偏頭痛の原因は肩こり?偏頭痛との関係性は?

Pocket

偏頭痛肩こり
「偏頭痛だから肩こりが起こる」のか、
「肩こりだから偏頭痛が起こる」のか。

どちらが原因かを判断するのは、
実はかなり難しいです。

病院に行って、

「肩こりから頭痛が起きるみたいだ」

と表現すると”緊張型頭痛”と診断されることが、
しばしばあります。

しかし、実際のところ、
偏頭痛の予兆として、
肩こりが起きるのも事実です。

肩こりと偏頭痛。

この二つの症状の関係性とは?

Sponsored Link

偏頭痛の原因は肩こり?

偏頭痛の原因は、
はっきりとは解明されていません。

それゆえに治療も難しく、
偏頭痛持ちで、
悩んでいる人も多いです。

脳の毛細血管が広がり
神経を刺激するため、
偏頭痛が起きますが、

なぜ毛細血管が広がってしまうのか?

という肝心なところは、
まだ分かっていません。

有力な説として、
”中枢神経の脳幹”
または”三叉神経(さんさしんけい)”が、
何らかの信号を送り、
血管が広がってしまうのでは?

と考えられています。

二つとも、
頭と首の付根の奥に根もとがあります。

結果、偏頭痛が起きると、
後頭部から首、
そして首の痛みの影響肩こりを感じるのです。

Sponsored Link

偏頭痛のサイン 三つの予兆

偏頭痛が起きる時には、
体に異変が生じます。

偏頭痛の時の代表的なサイン、
三つの予兆が、

  • 肩こり
  • 生あくび
  • 空腹感

です。

それでは、
それぞれの特徴を見ていきましょう。

◆肩こり
偏頭痛から起こる肩こりの特徴は、
”片側だけに起こりやすい”
ということです。

突然、肩こりを感じるというのも、
特徴の一つです。

偏頭痛肩こり1

◆生あくび
眠くないのに何度も出てしまう生あくび。

疲れているのかな?
と思いがちですが、
これも偏頭痛の予兆の1つです。

◆空腹感
きちんと食べているのに空腹感を感じる
甘いものが食べたくなる
といった症状も、偏頭痛の予兆です。

以上の三つが、
偏頭痛が起きるサインになります。

偏頭痛の症状は人によって違いますが、
症状がひどい場合には、
寝込んでしまうこともあります。

事前に予兆を察知して、
症状がひどくならないよう、
前もって対策をしておきましょう。

その痛みは偏頭痛?それとも肩こり?

一般的な偏頭痛の対処法として、

  • カフェインをとる
  • 患部を冷やす
  • 暗い部屋で休む


などがあります。

一番怖いのは、

「肩こりから頭痛が起こっている」

と勘違いしてしまって、
マッサージ体操入浴をしてしまうことです。

偏頭痛は毛細血管が広がることで、
症状が出ます。

マッサージによって、
血流がよくなると、
活発に体中を血が巡り
かえって、頭痛を悪化させてしまいます。

偏頭痛肩こり2

適度な運動をすること自体は、
大事なことですが、
やるのであれば、日頃から行いましょう。

痛みが出てからでは遅いです。

偏頭痛持ちなら、
偏頭痛が起きる前触れが、
人それぞれあるでしょう。

その前触れを感じたら、
ひどくならないよう、
しっかりと偏頭痛に対して準備をしておきましょう。

どーしても偏頭痛が治まらない!
という方はこちらのサプリメントを試してみてはどうですか?
⇒現役ドクターが開発したサプリメント「ズツノンDr.」

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

関連記事

このページの先頭へ