> 目の下のクマ!できる原因は?クマの種類別の解消法! | トレンド速報ニュース

目の下のクマ!できる原因は?クマの種類別の解消法!

Pocket

クマ
目元のトラブルで、
もっとも多いのが目の下のクマです。

寝不足が原因のように思われますが、
実は全く違う原因で、
目のクマはできているのを知っていますか?

それも原因別に3種類も。

原因ごとに、別々にできてしまう3種類のクマ。
それぞれの解消法をお教えします。

Sponsored Link

一言でクマといっても、
その種類は原因別に3種類あります。

  • 青クマ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

それぞれのクマごとに、
原因と解消法を見ていきましょう。

目の下のクマ 原因と解消法:青クマ

目の下を、
「あっかんべー」
をするように引っ張って見てください。

クマが薄くなり、
目立たなくなった青クマです。

青クマができる原因は、

  • 生まれつき色白
  • 寝不足、疲れによる血行不良
  • 冷えによる血行不良


があります。

基本的な原因は、
血流が悪くなることなので、
血の流れを良くするようにすると解消できます。

Sponsored Link

青クマの解消法

◆リンパマッサージ
眉間から眉尻までを、
指の腹でグルグルと回していきます。

次に目元、目尻、まぶた、目元と、
しわが寄らないように指の腹で流していき、
ほほ骨にそって、
手の腹で軽く押しながら首の方へ流します。

最後に輪郭にそってアゴから耳元に流し、
そのまま首の筋にそって鎖骨にいきます。

鎖骨の骨にそって、心臓に流していきます。

この一連のマッサージを、
全て5回、行います。

TVを見ながらや、
お風呂に入っているときなど、
隙間時間のある時にやりましょう。

血色が良くなり、顔の印象が明るくなりますよ。

◆温かいタオルをまぶたに当てる

◆冷たい食べ物、飲み物を取らない

◆睡眠をよく取る

といった事をすることで、
青クマを解消することができます。

クマ1

目の下のクマ 原因と解消法:黒クマ

手鏡を持って、
上を向いてみてください。

これでクマが薄くなれば、
黒クマです。

黒クマができる原因は、

  • 加齢による下まぶたのたるみ
  • コラーゲン不足


があります。

しっかりとケアをすることで、
目立つ黒クマを解消することができます。

黒クマの解消法

◆目の周りのツボ押し
黒クマに効果のあるツボを押すことで、
下まぶたのたるみを解消します。

  • 目尻の端のくぼみ、こめかみ付近にあるツボ
  • 目の下中央から親指一本分下に位置するツボ

黒クマ以外にも、
ニキビ、むくみ、シワ、くすみの予防にもなります。

◆コラーゲンの補給
黒クマを解消するには、
コラーゲンを補給することが、
一番の対策になります。

コラーゲンを補給するには、
サプリもいいですが、
直接皮膚から吸収させるほうが、
効果は高いです。

そういった化粧品を選ぶさいには、

  • アルギネート(ポーラオリジナル成分)
  • レチノール

この二つのうち、
どちらかの成分が入っている化粧品を選びましょう。

どちらの成分も、
線維芽細胞に働きかけ、
コラーゲンを増やしてくれます。

クマ2

目の下のクマ 原因と解消法:茶クマ

下まぶたを引っ張っても、
上を向いても変化がなければ
茶クマです。

茶クマの原因は

  • メラニン色素の沈着
  • 肌ダメージによるシミやくすみ
  • 小さなシミがクマに見える


があります。

目のこすり過ぎによってできることが多く、
メイクを落とす時に、
必要以上に強くこすると、茶クマになりやすいです。

茶クマの解消法

◆ビタミンCの補給
メラニン色素をおさえてくれる、
ビタミンCを積極的にとりましょう。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、

  • ゴーヤ
  • ブロッコリー
  • トマト

などです。

◆目元への摩擦、刺激を抑える

◆メイクを落とす時は激しくこすらない

◆目元の保湿をする

◆新陳代謝を促す
ビタミンCを始め、
コラーゲンヒアルロン酸を、
積極的に補給する。

クマ3

クマを解消して若さを取り戻そう!

目元の印象で、
その人の見た目年齢がものすごく変わります。

特に女性は、
男性と比べて、その傾向が強いため、
日々のケアを怠らないようにしましょう。

普段するお化粧も大事ですが、
その後のアフターケアはもっと大事ですよ!

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ