> 結婚式の費用 両家の負担額の割合はどれくらい? | トレンド速報ニュース

結婚式の費用 両家の負担額の割合はどれくらい?

Pocket

費用
結婚式というのは、
二人の初めての共同作業です。

と同時に、
多くの人に祝福してもらう式のため、
費用が高額になりがちです。

かかる費用を、全額負担できればいいですが、
なかなかそうはいきません。

両家の両親に頼る場合、
どれくらいの割合がベストなのでしょうか?

Sponsored Link

結婚式の費用の相場は?

結婚式を挙げるのに、
一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

会場や式の形態によって様々ですが、
約300万~400万円かかります。

花嫁の衣装代、招待客の人数、
料理や飲み物代、演出などなど、
見積もりを上げる時には、
しっかりと細部までチェックしましょう。

Sponsored Link

結婚式の費用 負担額の割合は?

両家から費用を負担してもらって、
結婚式を挙げたというカップルは、意外と多い。

半数以上の7割は、
両家にいくらか負担してもらっています。

その負担額の割合は、
両家でキッチリと折半することがほとんど。

しきたりなどで、
割合が変わるケースはありますが、
折半するほうが、費用で揉めることは少ないです。

ここで一つ、負担額の例を出しましょう。

都内で結婚式を開き、
80名の招待客を招いたとします。

そうすると、総額は400万円といったところ。

ご祝儀を、1人3万円いただいたとして、
3万円×80名=240万円

総額から、ご祝儀の金額を引いたものが、
自己負担額となります。

今回の例の場合、
400万円-240万円=160万円が、
自己負担額となります。

これを両家で折半すると、
80万円、それぞれ負担することになります。

今回の例はかなり単純計算をしていますが、
一般的な結婚式の場合であれば、
100万円を負担額の相場と見ておくといいでしょう。

費用1

海外で結婚式をする場合は?

最近人気のある、海外での結婚式

この場合にかかる費用というのは、
当たり前ですが、国内で行うよりかは、
かなり割高になります。

場所や、季節によって変わりますが、
親族のみのごく限られた人数、
10人前後でも、200万円をオーバーしてきます。

その後、日本でアフターパーティーを計画すると、
プラスで300万円はかかり、
総額で500万円を超えることになります。

余裕があれば、もちろんいいですが、
そうでない場合は、
費用を抑えるためにも、
国内で結婚式を挙げるようにしましょう。

ご両親にとっては、
最後まで迷惑をかける子どもですが、
一生に一度の晴れ姿を拝みたい気持ちは、
誰よりも持っています。

費用を負担してもらう場合は、
遠慮せずに頼みましょう。

もちろん、
あとでその分の親孝行は必要ですよ。

Pocket

[結婚式]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ