> 6月10日は時の記念日 その由来は?どんな意味がある? | トレンド速報ニュース

6月10日は時の記念日 その由来は?どんな意味がある?

Pocket

Time Flies
6月10日は「時の記念日」です。

初めて知った!
という方もいるでしょう。

「時は金なり」

英語でも「Time is money.」ということわざにもあるように、
時間というのは、誰にでも平等に与えられた
二度と取り返すことのできない、大切なものです。

そんな時間について、
改めて考える日、それが時の記念日です。

Sponsored Link

時の記念日の由来は?どうして6月10日?

時の記念日にはどんな由来があり、
どうして6月10日になったのでしょうか?

時ははるかにさかのぼり、
天智天皇の時代。

天智天皇が日本で初めて設置した水時計、
”漏刻”(ろうこく)が時を刻み、
鐘を打ち鳴らしました。

日本初の時計が、
時を刻み、鐘を打った日。

その日が6月10日だったのです。

日本書記には

「漏刻を新しき台に置く。
始めて候時(こうじ)を打つ。鐘鼓(しょうこ)を動す。」

と記されています。

水時計は容器に水が流れるようにして、
その水面の高さの変化で、
時間を計るような仕組みになっています。

夜には使えない日時計についで発明され、
日時計よりも、
正確に時間を示すことができるとして、重宝されました。

Sponsored Link

時の記念日が制定されたのはいつ?

「時の記念日」が正式に制定されたのは、
1920年のこと。

東京天文台(現国立天文台)と、
生活改善同盟会によって、制定されました。

時間の大切さに対する意識を広めるため、

「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」

と日本国民に呼びかけました。

果たして、そのころの日本人は、
時間を守らない、ルーズな国民だったのでしょうか?

1920年というと大正9年です。

近代化への基礎固めが終わり、
次のステップに入るころ。

次世代に向けて、
時間効率の向上を図っていました。

国民の生活も落ち着きを取り戻してきたので、
改めて、時間の大切さを見直そうとしたのです。

時間1

現在の時の記念日は?どんな意味がある?

現在、時の記念日では、1999年より、
福島県の「おおたかどや山標準電波送信所」から、
40kHzの電波で、日本の標準時間を全国に発信しています。

時の記念日に、ずれてしまった時計を直し、
時間に遅れたり、無駄にしないようにする試みです。

多くの幼稚園小学校では、時の記念日にちなんで、
時計屋や時計工場を見学したり、
紙やダンボールで時計作りを実施しています。

実際に時計を作りながら、子どもたちに、
「時間の大切さ」「時計がないとどうして困るのか」
などを教えていきます。

未来を担う子どもたちに、
知っていてほしい、大切なことの一つです。

「時間を守る」

というスローガンとともに始まった時の記念日ですが、
現在では、
「過ぎ去った時間の尊さを考える日」
という意味合いが強くなってきています。

時の記念日には、
楽しく過ごした思い出の時間と、
これから訪れる大切な未来の時間について、
家族や友だちなど、大切な人と一緒に過ごし、考えてみてはどうですか?

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ