> あじさい(紫陽花)の花言葉 移りゆく花の本当の顔は? | トレンド速報ニュース

あじさい(紫陽花)の花言葉 移りゆく花の本当の顔は?

Pocket

あじさい
6月から7月にかけて、
美しい花を咲かせるあじさい(紫陽花)

憂鬱な梅雨を吹き飛ばしてくれる、
鮮やかさと華やかさがあります。

「雨の中に咲くあじさいとかたつむり」
で一セット、というイメージですね。

様々な品種が作られ、最近では、
母の日や父の日の贈り物や、
結婚式にも用いられたりと、人気が出てきています。

そんなあじさいの花言葉って?
移りゆく花の本当の顔は?

Sponsored Link

あじさい(紫陽花) その名前の由来は?

海外では、日本のあじさいは、
「桜」「つばき」と並んで、
代表的な花とされています。

フランスにいたっては、
「日本のばら」
と呼ばれているくらいです。

そんなあじさいの、
名前には、どういう由来があるのでしょう?

「あじさい」はもともと
「あずさい」と呼ばれていました。

「あず」(集まる)「さあい」(真藍、青い花)
から来ており、

「青い花が集まって咲いている」

という、形状から「あずさい」と呼ばれるようになり、
そこから「あじさい」に変化していったのです。

Sponsored Link

あじさい(紫陽花)の花の色の秘密

あじさいの花の色は、
土によって変わります。

正確には、土の成分で変化し、
酸性が強いと青みがかかり、
アルカリ性が強いと赤みがかかります。

また、成長することでも色の変化があり、
咲き始めは薄緑色
それがやがて白色になり、
徐々に青紫や、赤紫に色づいてきます。

あじさい(紫陽花)の花言葉は?

このように、
あじさいの花の色が”七変化”に変わっていくところから、

  • 「移り気」
  • 「浮気」
  • 「ほらふき」
  • 「変節」
  • 「無情」
  • 「冷淡」
  • 「高慢」


といった花言葉が、あじさいには付けられています。

少々ネガティブなイメージのあるあじさいですが、
一方で、

  • 「辛抱強い愛情」
  • 「強い愛情」
  • 「元気な女性」

といった、ポジティブな花言葉もあります。

特に日本では、

  • 「仲良し」
  • 「友情」
  • 「家族団欒」
  • 「平和」
  • 「団結」


のイメージが強いです。

うっとおしい梅雨の季節に、
鮮やかな花を咲かせて、
気分を晴れやかにしてくれる、人気のある花です。

小さい花がよりそって、
一つの美を作り上げているところに、
日本人らしい、相手を想い寄り添う気持ちというのを、
連想するのでしょう。

あじさい1

あじさい(紫陽花)の花の色によって花言葉は違う?

あじさいの花は、
様々に変化をしますが、
その時々の色によって、花言葉は違ってきます。

その花言葉を少し紹介します。

  • 青…忍耐強い愛
  • ピンク…元気な女性
  • 白…気の迷い、寛容
  • 萼(がく)あじさい…謙虚


萼(がく)あじさいとは、
中心に小さい花、
その周りを取り囲むように大きい花をつける種類のもの。

あじさい(紫陽花)は日本固有の花

あじさいの原産は、実は日本です。

日本古来のあじさいの花は、
青い色をしていました。

美しいあじさいの色に魅せられた西洋人が、
欧米に持ち帰りますが、
土壌の異なるヨーロッパでは、
あじさいは別の色の花を咲かせてしまいます。

その後、さまざまな色の花を咲かせるために、
あじさいにを品種改良していったのです。

もともと、土の種類によって色の変わるあじさいですが、
そのあじさいを更に「移り気」にしたのは人間です。

本来の日本のあじさいの姿は、
雨の中、謙虚に、辛抱強い愛情に満ち溢れ、
静かにたたずみ、鮮やかな色を咲かせる花
なのです。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ