> 父の日に贈る花はバラ!?理由は?花言葉に意味がある? | トレンド速報ニュース

父の日に贈る花はバラ!?理由は?花言葉に意味がある?

Pocket

父の日
母の日と聞くと、
赤いカーネーションを思い浮かべますが、
では、父の日に贈る花をあなたは知っていますか?

母の日と比べると、
なにかと影の薄い父の日ですが、
そんな父の日にも、贈るのに相応しい花があるんです。

それが、高貴で、愛の象徴のような花「バラ」です。

男性から女性にプレゼントするイメージがありますが、
どうして父の日にバラを贈るようになったのでしょうか?

知っているようで知らない、
バラの花言葉とは?

Sponsored Link

父の日が生まれたわけ

「父の日」も「母の日」のように発祥はアメリカです。

アメリカのジョン・ブルース・ドット婦人は、
「母の日」があるなら、
父親に感謝する日も必要だと考えました。

ドット婦人は、
父親に男手一つで苦労して育てられます。

時代は南北戦争が終わったばかりで、
人々の生活は悲惨で大変な時でした。

父親のウィリアム氏は妻に先立たれ、
再婚もせず、一生懸命、6人の子どもたちを育てあげます。

そんな父親に、とても感謝していたドット婦人は、
当時すでにあった母の日と同様に、
「父親に感謝する日」を作るべきと嘆願しました。

その活動が、ウィルソン大統領の目に触れ、
1916年、「父の日」がようやく認知されるようになります。

その後、1972年国の記念日として、
ウィリアム氏の誕生月である、6月の第3日曜日が、
「父の日」として、正式に制定されたのです。

Sponsored Link

父の日にバラを贈るのはナゼ?

それでは、父の日にバラを贈るようになったのはナゼでしょうか?

キッカケとなったのは、
ドット婦人が、父親の大好きだった白いバラを、
お墓に備えたことからです。

こうして、父親への感謝の証として、
父親が亡くなった人は白いバラを、
父親が健在な人は赤いバラを贈るようになりました。

この辺りのエピソードは、
母の日とおんなじですね。

また、母の日と同様に、花を贈る習慣のない日本では、
「父の日」にバラをの花を贈るというのは
なかなか定着しませんでした。

母の日と比べて、あまり話題にならない父の日ですが、
こうして由来を見てみると、
母の日とまったく同じ経過をたどっているのが分かりますね。

それだったら、
もっと父の日に光を当ててもいいような気がしますが…

父の日1

父の日に贈るバラの花 白?黄色?花言葉の意味は?

では、実際に父の日に、
バラの花を贈るとして、
何色のバラを贈ればいいんでしょう?

エピソードにちなんで、赤いバラを贈る?

さすがに、男性に花を贈る習慣のない日本では、
ビックリを通り越して引かれるかもしれません(汗)

では、何色の花を贈ればいいのか?

そこで、バラの花の色別に、
それぞれの花言葉を見てみましょう。

そこから何かヒントが得られるかもしれません。

バラの花言葉(色別)

  • 黄色いバラ…献身、友情
  • 白いバラ…尊敬、純潔
  • 赤いバラ…情熱、愛情

他にもピンクなど様々な色がありますが、
代表的なバラの花の色は、上記の3色でしょう。

この中から、何色のバラの花を贈るか?

白いバラは、花言葉に「尊敬」という意味を持ち、
まさに父親に贈るのには最適です。

ですが、ドット婦人の逸話から定着した
”白は亡くなった父親に贈る”
という説を気にして避ける人もいます。

黄色には「献身=家族を守る」という意味があり、
父親としてのイメージにピッタリですが、
黄色のバラの花言葉には、
「嫉妬」「別れ」という意味もあるため注意が必要です。

他の色と合わせるのが無難でしょう。

白と黄色のバラの花を組み合わせて贈るのがベストです。

バラの花以外で贈る花は?

バラの花以外にも、
父の日の贈るのの相応しい花がいくつかあります。

  • ひまわり
  • ゆり
  • ラン


どれもが、黄色と白の花です。

特にひまわりは、バラの花に次いで人気が高く、
「元気」「明るい」といったイメージが有るため、
いつまでも元気で、家族の中心でいてほしいという願いを込めて、
贈られることが多いです。

花言葉を優先するか、イメージを優先するか、
由来を優先するかは人それぞれでしょう。

実は今回、父の日について調べるまで、
「父の日にバラを贈る」
ということを知りませんでした。

今まで何を贈ろうかと頭を悩ませてきましたが、
今年は、バラに花言葉を添えて贈ってみようと思います。

間違いなくビックリするでしょうが…

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ