> こどもの日に兜を飾るのはなぜ?由来は?発祥は神話のあの人!? | トレンド速報ニュース

こどもの日に兜を飾るのはなぜ?由来は?発祥は神話のあの人!?

Pocket

兜
こどもの日の飾り物の定番と言えば、
「こいのぼり」、「鎧」、「兜」、「五月人形」
でしょう。

都市での生活が進み、
こいのぼりを飾るのは難しくなってきました。

最近では、こいのぼりよりも、
室内に飾れて、なおかつ場所を取らない、
「鎧」、「兜」のほうが主流になりつつあります。

この「鎧」と「兜」
こどもの日に飾るようになった由来は何なんでしょうか?

Sponsored Link

こどもの日に兜を飾る由来は?意味は?

昔、こどもの日、つまり端午の節句は、
邪気払い厄除けの日でした。

雨季に入る前は病気になりやすかったので、
厄払いが必要だと考えられていたのです。

武家社会では家の外に旗や幟(のぼり)、吹き流しを立て、
厄除けとしていました。

武士にとっては、鎧や兜は身体を守る大切な物。

外からくる災いを防いでくれる意味も込めて、
家の中に鎧や兜、武具を飾っていました。

そこから子どもを、
「災害や災い、病気から救ってくれる」
という願いが込められるようになり、
端午の節句に、鎧や兜を飾るようになっていきます。

やがて鎧や兜を着せた武士の人形が登場します。

これが五月人形の始まりです。

のちに兜から人形が独立した形で作られるようになり、
弁慶や義経などをモデルとした五月人形が広まり、
発展して現在の形になりました。

Sponsored Link

町民ならではの工夫により一気に定着

武家社会の風習というのは、
町民の間にもすぐに伝わっていきます。

しかし、残念ながら彼らには本物の鎧や兜、
幟(のぼり)をそろえる財力はありません。

そこで、町民たちは一工夫します。

始めは厚紙などでミニチュア版を作り、
武家社会の風習を真似ていました。

本物でも作り物でも、
子どもの成長を願う親の気持ちは変わりません。

町民たちは真似るだけでなく、
兜の頂の部分に美しい細工を施すようになります。

男の子を、災いや病気から守ってくれる神様が、
降りてくる目印になるようにとの願いを込めて…

この風習は徐々に広まり、
江戸時代には端午の節句の飾り物として、
一気に定着していきました。

兜1

兜の発祥はなんとギリシャ神話のあの人!?

日本人にはかなり馴染みの深い兜。

兜自体がいつ生まれたのか?
これについては、確かな説はありません。

しかし、ギリシャ神話の中でヘラクレスが戦いの際、
毛皮を頭に被ったのが始まりだと言われています。

毛皮で十分な防御になったのかは定かではありませんが…

兜2

兜は古代から近代まで、
どの時代でもどの地域でも戦いの際に使われてきました。

「勝って兜の緒を締めよ」

ということわざにもあるように、
もっとも狙われやすく危険な部位
頭を守るものとして重宝されてきました。

日本でも古代古墳の中から、
数多くの兜の形状を留めるものが発見されています。

こどもの日のお飾りでも、
兜だけが飾られることはあっても、
鎧だけというのはありません

必ず兜もセットです。

それだけ兜は防御の要として考えられているのです。

今日では、こどもの日が近づくにつれて、
幼稚園や家庭などで、
折り紙で兜を折る子どもたちの姿がよく見られます。

古代から現在までの間に、
兜は知らず知らずのうちに人々の間に溶け込み、
頭だけでなく、生活をも守る象徴になっていたんですね。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ