> こどもの日の由来は?なぜこいのぼり?こめられた願いとは? | トレンド速報ニュース

こどもの日の由来は?なぜこいのぼり?こめられた願いとは?

Pocket

こどもの日1
5月5日といえば「こどもの日」

男の子の成長を祝う行事として、
すっかり定着していますが、
どのような由来があるのでしょうか?

端午の節句とも呼ばれるこのお祭り。
どうやら最初は、男の子のための日ではなかったようですよ。

Sponsored Link

こどもの日 起源は女性のための日だった!?

こどもの日の由来を知るには、
古代中国にまで時代を遡らないといけません。

古代中国では、
雨季が始まる5月病気や災厄の月とされ、
お祓いが必要とされていました。

また、月と日が重なるときは、邪気を払うとされ、
5月5日には菖蒲(しょうぶ)蓮(れん)でお祓いがされていました。

一方、日本では田植えの月である5月に、
「5月忌み」という日本古来の伝統行事が行なわれていました。

田植えは神聖な行事であったため、
若くて清らかな女性がするものとして、
女性たちが体を清めるための儀式です。

この2つの伝統行事が融合され、
田植えの前に女性が菖蒲酒(しょうぶさけ)で体を清め、
邪気を払うという行事が始まりました。

これがこどもの日の始まりです。

なんと、もともとは女性が身を清めるたの日だったんですね。

Sponsored Link

こどもの日 女性から男の子を祝うお祭りへ

こどもの日がもともと女性のための日だったことは分かりました。

ではそれが、
どうして男の子を祝うお祭りへと変化したのでしょうか?

その変化には、鎌倉時代が関係しています。

鎌倉時代に入ると、男性が中心の世の中になりました。
武士の力が強くなっていった時代です。

今まで女性のためのお祭りだったものが、
時代の変化とともに、徐々にその形を変えていきます

葉の形が剣に似ていることから兜に菖蒲(しょうぶ)を飾ったり、
「菖蒲」は「勝負」「尚武(しょうぶ=武道・武勇を重んじること)」
という言葉にかけられたりするようになります。

また、「兜」や「鎧」が身を守る象徴であるとして、
神社にお参りする時に奉納するしきたりも生まれてきました。

こうして、菖蒲湯(しょうぶゆ)で身を清めたり、
兜や鎧を飾る風習が定着していき、
女性のためのお祭りから、男の子を祝うお祭りへと変わっていったのです。

こどもの日2

こいのぼりのアイデアは町人から!?

こどもの日で思い浮かべるのが、
空を優雅に泳いでいるこいのぼりですよね?

いったいつ頃からこいのぼりを飾るようになり、
どんな意味がこいのぼりにはあるんでしょうか?

こいのぼりの登場は江戸時代になってからだと言われています。

鯉は清流だけでなく、沼や池などで生きていけるほど生命力が強いため、
子どもの健康を願う象徴として使われました。

また、中国に竜門という滝があり、
そこを登った魚は竜になると言われていました。
その滝が登れる元気な魚は鯉を除いて他にはいませんでした。

登竜門の由来となったこの故事に習い、
そこから鯉は出世魚の代表として考えられるようになったのです。

日本では将軍に男の子が生まれた時、
旗や幟(のぼり)をたててお祝いをする風習がありました。

端午の節句は、
武家社会で生まれた男の子の成長を祝うための、
重要な行事だったのです。

そして、そのめでたい行事にあやかり、町人の間でも端午の節句に、
鯉の幟(こいののぼり=こいのぼり)
をたてるようになり、現代まで受け継がれてきたわけです。

こどもの日

現代のこどもの日 こいのぼりにこめられた願いとは?

時代は移り変わり現代。
端午の節句は1948年こどもの日として制定されました。

国の祝日として
「子どもの人格を重んじ、幸せや成長を願う日」
となりました。

正式には男女区別なくお祝いする日なのですが、
3月3日が女の子の日なので、5月は男の子という風潮が強いようです。

晴れやかな五月晴れの中、
元気に泳ぐこいのぼりには、多くの親たちが、
「元気にすくすく育つように」
と、子どもへの願いが込められています。

住宅事情によっては、
なかなか大きなこいのぼりを飾るのは難しいかもしれません。

最近では、ベランダに飾れる、
コンパクトサイズのこいのぼりもあります。

子供と一緒にこいのぼりを飾りながら、
こどもの日の由来や、こいのぼりについて、
話してあげるのもいいのではないでしょうか?

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ