> 話題のPM2.5ってなに?その原因と対策を伝授! | トレンド速報ニュース

話題のPM2.5ってなに?その原因と対策を伝授!

Pocket

pm2.5
現在メディアなどで、
目や耳にする事が多くなった「PM2.5」
そもそも、PM2.5とは何なのでしょうか?
また、なんとなく悪いものだとは知っているけど、
対策まではしていない…

そんな方も多いのではないでしょうか。
今話題のPM2.5について、
その原因・対策も合わせてご紹介します。

Sponsored Link

PM2.5とは?

名前は聞いたことあるけれど、
それが何なのかは分からない…
PM2.5とはそもそもなんなのでしょうか?

それは、空気中に浮遊している
2.5νm(マイクロメートル)以下の
小さな小さな粒子状の物質の事です。

工場の排煙ディーゼル車の排気ガスに含まれる
「すす」
などが主成分です。
νmはmmよりももっと小さく、
1νmは1mmの千分の一とされています。

そしてPM2.5は、
髪の毛の太さの1/30程度と非常に小さいので、
肺の奥まで入りやすく、呼吸器系への影響に加え、
循環器系への影響を及ぼす事が心配されているのです。

身近なところでPM2.5が含まれるものとして、
タバコの煙があげられます。

それだけでも、
いかにPM2.5が危険なものかというのが分かりますね。

Sponsored Link

PM2.5が発生する原因は?

では、そんなPM2.5はなぜ発生し、
こんなにも問題視されているのでしょうか?

PM2.5は、石炭を燃やした際に発生するばい煙や、
自動車の排ガスに多く含まれています。

現在、
中国でPM2.5の急増による大気汚染が深刻化していますが、
これは中国の急速な経済成長と、
本来、規制されるはずの有害物質が、
何の規制もなされずに垂れ流された結果です。

その大気汚染の元となっている
「PM2.5」が大陸からの偏西風に乗り、
海を越え日本に飛散するとみられ、
健康への影響が懸念されてるのが現在の状態です。

そして先にお話しした通り、
PM2.5は非常に小さい粒子です。

吸い込む事により肺の奥まで入り込み、
ぜんそく気管支炎
肺がんの発症リスクを高めるとも言われています。

小さなお子様やお年寄りの方、
呼吸器や心臓に病気のある方は、
特に体調管理に気をつけなければなりません。

著者:Karsten Hitzschke

著者:Karsten Hitzschke

PM2.5の対策どうすればいいの?

健康に悪い影響を及ぼすPM2.5。

どう対策すればいいのでしょうか。

今はインターネットで、
天気予報のような感覚で、
PM2.5の濃度を見る事が出来ます。

日ごろから、
濃度のチェックを習慣付けるようにしましょう。

PM2.5の濃度チェックにはこちらのサイトをどうぞ!
環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」

そして、
濃度の高い日の外出はマスクをするなどして、
なるべく吸い込まないように心がけ、
空気清浄機も活用するようにしましょう。

これからは花粉の季節でもありますので、
マスクは花粉対策にもなります。

PM2.5の事をしっかりと頭に置いておくことが、
まず対策の一歩と言えるのではないでしょうか。

情報が手軽に見られる時代だからこそ、
上手く活用しつつ
自身や家族の身体を守っていけるようにしたいですね。

PM2.5対応の空気清浄機もあると安心ですね。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ