> ひな祭りの由来は?保育園の子供にも分かるように簡単に説明! | トレンド速報ニュース

ひな祭りの由来は?保育園の子供にも分かるように簡単に説明!

Pocket

ひな祭り
3月3日といえばひな祭り

各家庭ではひな壇にお雛様を飾り、
保育園では紙人形を川に流したりと、
ひな祭りの行事を楽しむこととでしょう。

では、なぜお雛様を飾るのでしょうか?
なぜ、川に人形を流すのでしょうか?
なぜ、祝っているのでしょうか?

これらの質問を子供に聞かれた時に、
あなたは分かるように説明できますか?

Sponsored Link

ひな祭りの由来は?

ひな祭りがいつごろ、どこから伝わって来たのかという、
正確な起源は分かっておらず、複数の説があります。

そのいくつかを紹介します。

◆平安時代のころ、紙で作った人形に、
自身の病や災いの身代わりとなるよう、
厄除けの願いを込めて海や川へ流す、
「流し雛(ながしびな)」という風習がありました。

その後、江戸時代になり、
女の子の間で、「人形遊び」が流行ります。

それが「節句の儀式」と結びつき、
「ひなあそび」と呼ばれるようになり、
部屋に人形を飾るようになりました。

これがひな祭りの原型です。

人形を飾る習慣と、人形に、女性に振りかかる災いを、
一身に背負ってもらう儀式的習慣が合わさり、
現在の、女の子の幸せと成長を願う「ひな祭り」となりました。

ひな祭り1

◆古代中国では、
旧暦の3月3日(3月最初の巳(み=十二支のヘビ)の日)に、
水で手足を洗い体を清め、災いを遠ざける風習がありました。

この風習を「上巳の節句(じょうし/じょうみのせっく)」といい、
これが日本に伝わってきて、人形を流す「流し雛」となり、
人形を飾る「ひなあそび」へと変化して、現在の「ひな祭り」の行事となりました。

◆中国は漢の時代。
ある夫婦に、3人の女の子が生まれます。

しかし、この女の子たちは、
生まれて3日以内に3人とも亡くなってしまいます

あまりの悲劇に嘆き悲しむ夫婦を見かねた近所の人達が、
3人の遺体を酒で清めて、川に流しました。

これが、災いや穢れを流す風習となり、
「上巳の節句」が生まれます。

この上巳の節句が日本に伝わり、
「流し雛」→「ひなあそび」と変化して、
現在の「ひな祭り」の形となりました。

以上が代表的な説ですが、
いずれにしても、災いや穢れを遠ざける風習があり、
身代わりとして、人形を使うようになってきたのが分かります。

Sponsored Link

保育園の子供にも分かるように簡単に説明してあげよう!

子供のころ、流し雛をしたことがありますが、
まさか身代わりとして流しているとは、
思ってもいませんでした。

さすがに子供にそのまま説明するのは気が引けるので、
トゲの無いように、マイルドに、こう説明してあげましょう。

「このお人形さんは、〇〇ちゃんが病気やケガをしないように、
〇〇ちゃんを守ってくれてるんだよ」

「だから、〇〇ちゃんは、お人形さんに、
”ありがとう”ってお礼を言わないとね」

「〇〇ちゃんが大きくなった姿を、
お人形さんに見せてあげようね」

ひな人形を飾るのは、遅くても3月3日より一週間前から飾ってあげましょう。

長く飾ってあげれば、それだけひな人形と遊べますし、
子供だけでなく、お雛様も喜んでくれますよ。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ