> 恵方巻きの由来は?具材の意味は?知らない知識を丸かじり! | トレンド速報ニュース

恵方巻きの由来は?具材の意味は?知らない知識を丸かじり!

Pocket

恵方
節分といえば豆まき。

だったのが、ここ近年で急速に普及してきたのが、
「恵方巻き」の風習です。

元々は関西地方の風習だったのが、
一気に全国規模に広がり、
恵方に向かって巻き寿司を食べる姿が、多く見られるようになりました。

メジャーとなった恵方巻き。

その由来と具材に込められた意味は?

Sponsored Link

恵方巻きの語源は?

恵方巻きの「恵方」とは、
陰陽道で定められた、
その年でもっとも縁起が良いとされる方角のこと。

その方角には「歳徳神(としとくじん)」と呼ばれる神様がおり、
そこに向かって、太巻き寿司を食べます。

食べ終わるまでの間は、
目を閉じて願い事を思いながら、
一言もしゃべってはいけません。

しゃべってしまうと、
福が逃げてしまうと言われているからです。

その見た目から、
「丸かぶり寿司」などと呼ばれていて、
恵方巻きとは呼ばれていませんでした。

全国的に「恵方巻き」という名前が普及したのは、
1998年にセブン-イレブンが全国販売にのりだし、
商品名として用いたのが始まりです。

Sponsored Link

恵方巻きの由来は?

一気に全国規模に拡大した奇妙な風習「恵方巻き」

この恵方巻きの由来には諸説あり、
正確な起源は分かっていません。

・江戸時代末期、大阪の船場の商人が、
商売繁盛を祈願する風習が始まりとする説

・豊臣秀吉の家臣、堀尾吉晴が、
太巻きを食べて出陣し、勝利したことを元にしているという説

・栃木県下都賀郡壬生町にある磐裂根裂神社の節分祭で、
参列者に振る舞われる「夢福巻き寿司」が始まりという説

・1800年代のある節分の日に大阪近郊に住む老若男女が集まり、
切り分ける手間を省き、巻き寿司を丸々食べたのが始まりとする説

と、このように起源、発祥に関しては、
様々な由来があります。

こういうミステリアスな部分が残っているのも、
恵方巻きの魅力の一つかも知れませんね。

恵方1

恵方巻きの具材の意味は?

太巻き寿司といえば、
中には色々な具材が使われています。

恵方巻きに使われる具材は、
七福神にちなんで7種類使うとされていて、
商売繁盛や無病息災を願って、福を巻き込むという意味があります。

切らずに一本丸々食べることで、
「縁を切らない」という願いも込めています。

一般的に使用される具材は、
・かんぴょう
・キュウリ
・シイタケ
・伊達巻
・ウナギ
・桜デンプン
・高野豆腐

などです。

恵方3

この具材にも諸説あり、

・キュウリを青鬼、桜デンプンを赤鬼に見立て、
「鬼を食べて」鬼を退治するという説

・太巻きを鬼の金棒に例えて、
食べることによって鬼退治とする説

などがあり、
いずれも鬼=邪気を払う意味合いが込められています。

恵方2

全国区で馴染みのある風習となった恵方巻き。

まだまだ未知な部分が多く残っていますが、
いつか解明されることを願って
今年も恵方巻きを食べることにしましょう。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ