> 節分と豆まきの由来は?子供にキチンと説明できますか? | トレンド速報ニュース

節分と豆まきの由来は?子供にキチンと説明できますか?

Pocket

節分
「鬼は外~!福は内~!」

毎年この掛け声とともに、
豆を投げる季節行事、「節分」

たいてい鬼役となるお父さんにとっては、
あまり楽しい行事では無いかもしれませんが、
この「節分」「豆まき」には、ちゃんとした由来と意味があります。

それを子供にキチンと説明して理解をしてもらった上で、
鬼役として豆をぶつけてもらいましょう。

Sponsored Link

節分の意味は?由来は?

「節分」とは、その名の通り季節を分けるものです。

そのため、春、夏、秋、冬と、
年4回の節目ごとに、「節分」の行事は行われていました。

それがいつしか、
春を迎え入れること=新年を迎え入れること
となり、春の節分のみを行うようになったわけです。

つまり節分とは、
「新しい1年を迎え入れ、不幸のない、幸せな1年にする」
ための行事というわけです。

Sponsored Link

なぜ2月3日なの?

節分が、季節を分ける行事、
新年を迎え入れる行事というのは分かりました。

では、なぜ、節分は2月3日に行なわれるのでしょうか?

答えは、「立春」の前日だからです。

2月4日は立春。

春を迎え入れる日=新年を迎え入れる日が立春であり、
その前日の2月3日の日に、
悪い気を追い払い、新年を気持よく迎えるための準備をするわけです。

とかく古来より日本では、
”春”という季節はとても大切な季節として扱われてきました。

年賀状にも迎春と書いたりしますし、
やはり春といえば、草花が芽を出し、
新しいスタートの季節というイメージが有ります。

1年で一番大切な節目の季節である春を、
気持よく迎え入れるためにも、
前日である2月3日の日に、邪気を追い払う必要があるというわけですね。

豆まきの意味は?

節分といえば、やはり豆まきです。

子供の頃には、思いっきり鬼役に豆をぶつけていたりしました…

そんな豆まきにも、ストレス発散以外の意味がちゃんとあります。

節分1

由来に関しては諸説あり、
宮中行事であった追儺(ついな)という、
厄払い、鬼払いを行う行事の一つ、豆打ちの名残という説。

その昔、京都に鬼が出た時に、
神様のお告げによって、
豆を鬼の目に投げつけて退治したという説。

中国の風習が伝わってきたという説。

いずれの説でも、
「魔を滅する=魔滅(まめ)」に通じることから、
無病息災を祈る意味が、豆まきには込められていました。

また、この時にまく豆は、
「炒った大豆」でなければいけません。

生の豆だと、豆から芽が出てきてしまい、
”魔の目”が出るとされて、非常に縁起が悪いからです。

「炒る」「射る」に通じることから、
魔を射る意味も込められています。

節分2

鬼をやっつける意味は?

なにかと悪いものの象徴として出番のある「鬼」

「おに」は、目に見えないものを表す、
「陰(おん)」が由来となっており、
目に見えないもの=邪気の象徴とされてきました。

そのため古くから、形として見えない、
災害、飢餓、病など、
人間の想像を超えた災厄は鬼の仕業とされてきました。

災厄の象徴とされる鬼を、
節分の日に退治することで、
邪気を追い払い、新年に福を呼びこもうとしているわけです。

節分3

というわけで鬼役となるお父さんには、
豆をぶつけられるのを耐え忍んで、
家庭に福を呼び込んであげましょう。

子供には悪者を退治するだけでなく、
来年も無事に節分を迎えることができるように、
「今年1年の幸せを願う」ということをキチンと教えてあげましょう。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ