> 人ごとではない!?しもやけの症状は?正しい対処方法とは? | トレンド速報ニュース

人ごとではない!?しもやけの症状は?正しい対処方法とは?

Pocket

winter time
冬本番になってくると、
季節病の一つとして出てくるのがしもやけですね。

大人になった今は、しもやけにはならなくなりましたが、
子供の頃にはよくしもやけになりつらい思いをしていました。

また、大人になってもしもやけに悩まされている人も多いでしょう。

そんなしもやけの知っているようで知らない原因と、
正しい対処方法を教えます。

Sponsored Link

人ごとではない!?しもやけの寒さ以外の原因とは?

しもやけは、特に子供や女性に多く見られますが、
実は九州でもしもやけになる人がいるほど、
地域差というのは関係ありません。

しもやけになる一因として、寒さは関係ありますが、
それ以上に関係があるのが、日常生活での要因です。

しもやけが血行障害によって起きるものというのは、
こちらの記事で紹介しました。
しもやけの治し方 手や足の指にできるしもやけを徹底治療!

この血行障害を引き起こす原因というのが、
寒さ以外にもあり、
大人になってもしもやけに悩まされる原因でもあります。

その原因が何か分かりますか?

それが、日常生活で身に付ける、
デザイン重視のパンプスやブーツなどです。

これらを長時間はき続けることで、
足の指が締め付けられ、圧迫され、血液循環を悪くしてしまいます。

女性に冷え性で悩まされる人が多いのも、
こういった原因があるからです。

見た目の可愛らしさや華やかさは大事ですが、
それと引き換えにして、体を壊してしまっては元も子もありません。

毎年しもやけに苦しんでいるのであれば、
そういった締め付けるクツをはくのを控えてみてはどうでしょうか?

Sponsored Link

知っているようで知らない!?しもやけの症状とは?

一度なってしまうと非常に悩まされてしまうしもやけ。

そのしもやけの代表的な症状というと、

・暖かい時はかゆくなり、寒いと痛くなる
・手足の指が赤黒くなる
・手足が赤く腫れ上がる
・手足に赤い発疹が出る

こういったところでしょう。

この症状の現れ方によって、
しもやけは大きく二つのタイプに分かれます。

一つは、「樽柿(たるがき)型」
もう一つは、「多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)型」です。

しもやけ1

●樽柿(たるがき)型
樽柿型の特徴として、
手足が大きく、熟れた柿のように腫れ上がり、
ゴムのように硬くなります。

乳幼児や子供に多く見られるしもやけです。

●多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)型
多形滲出性紅斑型は、
主に、手足の指、耳たぶ、鼻の頭など、
末端部分に赤い発疹が出るのが特徴です。

小さいものから、アーモンド状の大きさまで、
その大きさも様々です。

そのやり方間違っていませんか?しもやけの正しい対処方法とは?

しもやけの具体的な症状が分かったところで、
その対処方法を見ていきましょう。

主に日常生活での対策が大事ですよ!

・手足の指は蒸れさせない
お風呂あがりにすぐに靴下、手袋をするのは、
蒸れてしまって逆効果です。

十分に水分を乾かしてから靴下、手袋をしましょう。
また、汗ばんできたら、いったん外して、
汗が乾くのを待ちましょう。

しもやけ2

・キツイ靴下、タイツをはかない
しもやけの原因は血行障害です。
それを促進させる恐れのあるはきものは、
極力遠ざけるようにしましょう。

・タオル等は、自然素材の麻、綿が良い
手足の汗や水分を取るには、
吸収性の高い物を使いましょう。

そうすることで、蒸れるのを防ぎ、
しもやけの悪化防止、予防になります。

しもやけ

普段の日常生活で気をつけることは、
「蒸れ」です。

蒸れると汗をかき、結果として体温を下げ、
よけいに体を冷やしてしまいます。

通気性の良い物を身につけ、
お風呂あがりなどは、吸収性の良いタオルを使用し、
蒸れる状態を作らないように努めましょう。

その上で、血行促進効果のある食べ物やストレッチをしていくことで、
しもやけの予防、改善につながります。

一つ一つできることをして、
しもやけから開放されましょう!

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ