> しもやけの治し方 手や足の指にできるしもやけを徹底治療! | トレンド速報ニュース

しもやけの治し方 手や足の指にできるしもやけを徹底治療!

Pocket

しもやけ
冬になると手や足の指にできる憎いあんちくしょう。
そう「しもやけ」です。

一度しもやけになってしまうと、
なかなか治らず、
かゆい、イタイでたまらないです。

今回はそんなしつこく頑固なしもやけの治し方を紹介します。

Sponsored Link

しもやけの原因は?なぜしもやけになる?予防法は?

しもやけの治し方を知る前に、
しもやけになる原因を知っておきましょう。

原因がわかれば、しもやけになる前に、
予防対策を取ることができ、
しもやけの防止、早期治療につながります。

しもやけ5

▼しもやけの原因は「寒さによる血行障害」
しもやけは、皮膚の表面温度が下がり、
血液の循環が悪くなって起こります。

特に水仕事をしていたり、冷え性の方は、
しもやけになりやすいです。

▼しもやけの予防方法
毎年しもやけに悩まされないように、
いくつかしもやけの予防方法を紹介します。

・体の冷え、特に手や足の指の末端部分を解消する
手や足の冷えを防止するために、
手袋、靴下をはきます。

温かくなったら脱いで、
冷たくなったらまたはく

というのを繰り返します。

手袋や靴下をずっとしたままというのは、
体温調節がうまく働かず、
逆効果になります。

しもやけ2

・ビタミンE、ビタミンCを摂取する
普段の食事から、
意識的に、ビタミンE、ビタミンCを取るようにします。

この2種類のビタミンには、
血行を良くする働きがあるので、
体質改善をはかるのに適しています。

ビタミンEは、
うなぎ、アーモンド、ほうれん草などに、
ビタミンCは、
みかん、レモン、豚肉、ピーマンなどに多く含まれています。

Sponsored Link

しもやけの治し方 即効性のある方法と日常生活治療法

さて、
しもやけの原因と予防方法が分かったところで、
肝心のしもやけの治し方を教えます。

▼温湿布を患部に貼る
今すぐどうしてもしもやけから開放されたい!
という時におすすめの方法がコレです。

温湿布をしもやけの患部の大きさに切り、
貼るだけ。

温湿布の作用で血液の循環が良くなり、
しもやけの症状が緩和されます。

▼温水と冷水に交互に付ける
結構メジャーな民間療法です。

40℃ぐらいの温水と、冷水を用意し、
交互に手足を入れます。

手足が十分に温まる、冷えるまで付けておくのがポイント。

約30秒、4回を目安に、
症状に応じて時間を調節してみてください。

トータル1~2分ほどつけるといいです。

お風呂に入っている時に、
ついでにできるしもやけ治療方法です。

しもやけ3

▼ステロイド軟膏を塗る
市販されている、
ステロイド軟膏を患部に塗るのも効果的です。

皮膚の炎症を抑え、
症状を緩和してくれます。

しもやけ1

▼軽いマッサージ
手足への血液の循環を良くするために、
軽いマッサージをするといいです。

10回程度を目安に、手を閉じたり開いたり、
スクワットをしたりすると、
手足への血行が促進され、
しもやけの症状の緩和につながります。

※症状が重い、治らない場合は、
皮膚科に相談に行きましょう。
しもやけでも重症化すると取り返しが付かないことになります。

しもやけ対策は美容にも効果的!?

しもやけの原因は血行障害でした。

血行が良くなれば、肌のハリやツヤが出て、
しもやけ以外の肌トラブルも防ぐことができます。

日常生活でしもやけの予防、治療対策を取り入れれば、
しもやけにもならず、美肌を保つことにもなります。

しもやけ4

しもやけを防ぐと同時に、
いつまでも若々しい肌を手に入れましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ