> 厄年とは?女性と男性の厄年の年齢は?厄年なんて怖くない!? | トレンド速報ニュース

厄年とは?女性と男性の厄年の年齢は?厄年なんて怖くない!?

Pocket

厄年
普段はあまり気にしないですが、
ある年齢に達すると、
途端に気になるのが厄年ですよね。

とりあえず、
何か良くないことが起きる1年
という感じで厄年を捉えていることでしょう。

では、厄年とは元々どこから来たものなのか?
女性と男性。
全ての厄年の年齢を知っていますか?

Sponsored Link

厄年とは?そのルーツは?

厄年は、平安時代にはすでに使われており、
その風習が、現代まで生き残っています。

厄年のルーツは、陰陽道から来ているとされ、
方位、日時から吉凶を定め、
災いに遭いやすい年齢として「厄年」を決めました。

厄年1

しかし、この厄年を、
「役年」=役を担う年齢
とする説もあります。

昔は、13歳で元服をし大人になり、
男性ならば、25歳ごろで仕事ざかり、
45歳ごろには、仕事を引退し隠居生活。

女性ならば19歳ごろには、結婚、出産、
33歳ごろに子育てが一段落し、家庭を守る。

環境が変わり、社会的な役割を担う年齢から、
役年=厄年になったというわけです。

一部地域では、「厄祝い」をするところもあるため、
ただ単純に、”災が振りかかる年齢”とするには、
少し無理があるかもしれません。

Sponsored Link

女性と男性 厄年の年齢は?

女性と男性の厄年の年齢を、
全て知っていますか?

一般的には、
・男性…4歳、13歳、25歳、42歳、61歳
・女性…4歳、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳

とされています。

その中でも、特に災いに合いやすいとして、
男性の42歳女性の33歳を、「大厄」とし、
大厄の前年を前厄、大厄の年を本厄、翌年を後厄と言います。

役年

が、実は厄年の年齢は、
お寺や神社によって多少違ってくるため、
「何歳が厄年」と断言するのは難しいです。

というのも、厄年の年齢を、
数え年にするか、満年齢にするかが、
お寺や神社によって違うからです。

厄除け、厄祓いをする時には、
お寺や神社基準で、
厄年になっているかどうかを確認しましょう。

厄年なんて怖くない!?厄年の本当の意味は?

そもそも本当に厄年の年齢は、
災いに遭いやすいんでしょうか?

お寺や神社によって、
厄年の年齢が異なることからも分かるように、
災いに遭いやすいという科学的根拠は一切ありません。

生きていれば、年齢を重ねてくればなおのこと、
病気になったり、事故にあったり、
身内に不幸があったりというのは、
普通の生活の中で起きうることです。

そこに変に厄年を意識してしまうと、
さらなる災いを呼び込んでしまいます。

厄年=災いに遭いやすい

としてマイナスな感情を抱くよりかは、
長い人生の中で、一つの節目、
次のステップに向かう年齢として、
前向きに考えたほうが有意義だと思いませんか?

厄年2

”厄年””役年”と捉えて、
ふさぎこまずに、意味のある1年にしましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ