> 初詣 お寺と神社どっちに行くのがいい?作法の違いはある? | トレンド速報ニュース

初詣 お寺と神社どっちに行くのがいい?作法の違いはある?

Pocket

初詣
新年が開けて、
始めてお参りをする初詣

全国各地のお寺や神社が、
参拝客で賑わいます。

このお寺と神社。

初詣に行くのはどっちがいいのか?
また、参拝の作法に違いは?

Sponsored Link

初詣をする意味は?

初詣1

一年の初めにお参りをする初詣。

初詣には、元々どんな意味があったか?

昔は、ことあるごとに、
しょっちゅうお参りをしていました。

基本的には豊作を願うお参りが多かったようです。

初詣もそのお参りの中の一つでした。

ただ、この時には、
一年間のお礼と報告新年への農作物の実りを願う、
重要なお参りとして行われていました。

その名残が現在まで、
”初詣”という形として残っているわけです。

Sponsored Link

初詣 お寺と神社どっちに行けばいい?

初詣に行くのに、お寺と神社、
どっちに行けばいいのか?

結論から言えば、
「どちらでも構わない」
です。

参詣者が多い有名所でも、
明治神宮、伊勢神宮、成田山新勝寺、川崎大師など、
お寺、神社、両方共に参詣者が訪れています。

神社やお寺が明確に区別されるようになったのは、
明治以降の話。

それまでは、神仏が同一視されていたため、
日本人にとっては、信仰上の理由でもない限り、
どっちに初詣に行っても構いません。

ただし、初詣は、
感謝御礼をして、新年を祈願するもの。

お寺、神社、どちらに行くにしても、
感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

初詣2

お寺と神社の違いは?参拝の作法は?

お寺と神社。
何がどう違うのか?と問われて、
すんなりと答えられる人は少ないはずです。

簡単に説明すると、
・お墓のある所がお寺で、鳥居がある所が神社
・仏尊象を安置し、仏教を教え、僧侶が住む所がお寺
・日本の神様の御魂を祀る所が神社

といった違いがあります。

また、参拝の作法にも違いがあります。

◆お寺での参拝の作法
1)軽く頭を下げ鐘を付き、賽銭を入れる
2)合掌して祈願する
3)軽く頭を下げる

※拍手は打たない

◆神社での参拝の作法
1)軽く頭を下げ、鈴を2、3回鳴らし賽銭を入れる
2)深く2回お辞儀をする(二礼)
3)拍手を2回打つ(二拍手)
4)合掌し祈願する
5)深くお辞儀をする(一礼)

※出雲大社の場合は、
「二礼四拍手一礼」

初詣3

神社での参拝は、二礼二拍手一礼と、
わりと知っている人もいると思いますが、
お寺での参拝の作法を知っている人はあまりいないのでは?

お寺に初詣に行く方は、
神社との作法の違いに注意です。

お寺と神社。

どちらに初詣に行くにしても、
失礼のないように、感謝と祈願をしましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ