> 発達障害 ADHDとは?アスペルガー症候群とは?自閉症とは? | トレンド速報ニュース

発達障害 ADHDとは?アスペルガー症候群とは?自閉症とは?

Pocket

障害
色々な症状がある発達障害

その中でもよく耳にするのが、
注意欠陥・多動性障害=ADHDと、
アスペルガー症候群自閉症です。

この三つの障害は何がどう違うのか?

他人事ではない病気だけに、
理解を深める意味でも知っておきましょう。

Sponsored Link

発達障害 ADHDの症状の特徴は?

注意欠陥・多動性障害=ADHD

ADHDの症状の特徴として、
集中力がなく、常にそわそわして落ち着きがなく、
衝動的な行動を取ることが多いです。

子供だけでなく、大人になって診断されるケースもあります。

Man thinking

▼集中力がない、不注意の主な徴候
・勉強や仕事などに集中できない
・仕事や課題に必要な物をよく忘れる
・仕事、宿題の締め切りを守れない
・計画を立てるのが苦手
・宿題や仕事を最後までやり遂げることが出来ない

▼多動性の主な徴候
・授業中、会議中などで落ち着きが無い
・貧乏ゆすりや手を動かすなどじっとしていない
・整理整頓が苦手
・おしゃべり
・長時間じっとしていることが出来ない

▼衝動性の主な徴候
・順番を待つことが出来ない
・不用意な発言をする
・相手の質問の途中で口をはさむ
・他人の邪魔をする
・物事を勝手に判断し独断で決める

これらの徴候以外にも様々な症状はありますが、
当てはまるケースが多い場合は、
ADHDの可能性が高いです。

ADHDは、その特性を知り、
正しく把握し、自分にあった適切な対応をすることで、
改善をすることが可能です。

精神神経科に相談することで、
ADHDの診断、治療を受けることが出来ます。

発達障害

発達障害 アスペルガー症候群の症状の特徴は?

アスペルガー症候群は、自閉症と並んで、
広汎性発達障害(こうはんようせいはったつしょうがい)
の症状の一つです。

アスペルガー症候群の症状の特徴として、
・知能、言語的な発達の遅れはない
・対人関係、社会性の障害
・コミュニケーション障害
・パターン化した行動、日常生活

があります。

▼対人関係、社会性の障害の主な徴候
・空気が読めない、状況判断が出来ない
・対人関係のルールやマナーを理解できない
・柔軟性が乏しい

▼コミュニケーション障害の主な徴候
・相手の言葉の裏を読むことが出来ない
・相手の気持ちを考慮せず、自分だけの欲求をぶつける
・注意されたりすると、一方的な言い訳をする

▼パターン化した行動、日常生活の主な徴候
・融通や応用が効かず、臨機応変に振る舞うことが苦手
・パターン化された生活リズムを好む
・興味が特定の対象に限定される

アスペルガー症候群もADHDと同じく、
改善をすることが可能です。

相手の気持ちを読み取る想像力を鍛えるために、
日記を書くことで、症状を回復させることが出来ます。

発達障害1

発達障害 自閉症の症状の特徴は?

自閉症もアスペルガー症候群と同じく、
広汎性発達障害の症状の一種です。

アスペルガー症候群と違い、
自閉症には、言葉の発達の遅れがあります。

自閉症は、先天的要素が強く、
回復が難しい疾患です。

発達障害2

自閉症の症状の特徴として、
・言語発達の遅れ
・対人関係、社会性の障害
・コミュニケーション障害
・特定のパターン化した行動への強いこだわり

があります。

▼言語発達の遅れの主な徴候
・言葉を発し始める時期が遅い
・意味のない言葉を発する
・言語以外での方法で補うことが苦手

▼対人関係、社会性の障害の主な徴候
・他者に、興味や関心を全く示さない
・逆に他者に強い欲求を押し付ける
・両親、家族など、自分にとっての重要な人物が分からない

▼コミュニケーション障害の主な徴候
・相手の言葉をそのまま繰り返す「オウム返し」をよくする
・疑問文による一方的な要請
・語彙(ごい)や言い回しが少ない

▼パターン化した行動、日常生活の主な徴候
・毎日毎日、機会的に規則正しい行動をしている
・パターン化した行動に強い欲求がある
・頭をぶつけたりする自己刺激行動の固執

アスペルガー症候群と比べると、
同じ症状でも、自閉症ではその性質が全く違います

自閉症の治療には、
専門の精神科医に相談することはもちろんですが、
何より家族の自閉症に対する理解とサポートが必要です。

やっていいことと悪いことをハッキリさせたり、
繰り返し教えたりと、日々のトレーニングが重要になってきます。

そうすることで、成長とともに、
社会生活のハンディキャップをかなり軽減することが出来ます。

Sponsored Link

発達障害には正しい理解とサポートを

発達障害には他にも、
・学習障害
・精神障害
・協調障害
・てんかん

など、個人によって様々な症状がでます。

発達障害4

いずれにしても、
その症状が、どのようなものであるか?
なぜそのような症状が起きるのか?
どういう風に接していけばいいのか?

といったことをキチンと理解して、
サポートしていくことが肝心です。

発達障害5

適切な治療さえできれば、
症状を改善することは可能です。

正しい理解とサポートができるよう、
発達障害への知識を深めるておきましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ