> ふたご座流星群 三大流星群の一つ!観測できる時間は? | トレンド速報ニュース

ふたご座流星群 三大流星群の一つ!観測できる時間は?

Pocket

ふたご座
年中見られる流星群の中で、
もっとも流星を見ることができるのが、
「ふたご座流星群」です。

三大流星群の一つでもあり、
冬の夜空にキレイな奇跡を描いてくれます。

Sponsored Link

ふたご座流星群の歴史

三大流星群として、
年間最大の流星数をほこるふたご座流星群ですが、
その観測された歴史というのは、実はかなり浅いです。

1900年代(20世紀)に入ってから、
観測された記録が見られるようになります。

ふたご座1

現在では、多くの流星を見ることができますが、
当時はあまり活発な活動がおきていませんでした。

1930年~1950年ごろに徐々に流星数が増え、
1970年代に入って、現在の出現数まで増えてきました。

今では一時間で、多い時には100個もの流星を見ることができます。

2000年代に入ってからは、さらに活発になり、
明るい流星(火球)も見られるようになりました。

常に一定の流星を見ることができるとして、
もっとも人気の高い流星群です。

Sponsored Link

ふたご座流星群の活動時期と極大日は?

活発な活動を続けるふたご座流星群ですが、
活動時期は何時頃でしょうか?

ふたご座流星群の活動時期は、
12月5日~12月20日頃

極大日は、12月14日頃になります。

夕方から明け方まで、流星を見るチャンスは有りますが、
その中でも観測しやすい時間帯は、21:00以降~2:00頃

夕方には低かった放射点が、
21:00頃になると真上に向かってドンドン上がってきます。

それが2:00を回るころには、
ほぼ真上に放射点が来るため、
まるで星が降ってくるかのように流星群を見ることができます。

極大日を過ぎると、一気に流星数が減ってくるので、
12月中旬頃までがふたご座流星群の一番の見頃となります。

ふたご座2

冬の夜空を彩る流星群ですが、
観測する際は、防寒対策をシッカリと取るようにしましょう。

冬の夜は想像を超える寒さになります。

着るものはもちろんですが、
体を暖める飲み物や、ホッカイロなど、
十分すぎるほどの防寒対策をしておきましょう。

ただし、直に火を付けて暖を取るのは、
非常に危険なのでやめておきましょう。

車を運転される方は、
居眠り運転や、路面凍結に十分に注意をしてください。

これらの注意点、対策をシッカリと施して、
自然が生み出すファンタジーの世界を、
じっくりと堪能しましょう。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ