> 大掃除の手順とコツ!浴室とトイレ掃除で水回りを完璧に! | トレンド速報ニュース

大掃除の手順とコツ!浴室とトイレ掃除で水回りを完璧に!

Pocket

浴室
毎日使い、様々な汚れが付着してしまう浴室とトイレ

大掃除の中でも一際手間のかかるこの場所を、
徹底的に掃除し、水回りを完璧にして新年を迎えましょう。

Sponsored Link

大掃除の手順とコツ! 浴槽の掃除

なにかと汚れがつきやすい浴槽

もっとも多いのが、皮脂などの汚れ。

洗剤を含ませたスポンジで落としていくのが基本ですが、
せっかくの大掃除です。
徹底的に汚れを落としていきましょう。

しつこい汚れには、
洗剤を汚れた部分に吹きつけた後、
その上にティッシュペーパーをかぶせます。

そのまましばらく放っておくと、
汚れが浮き上がり、簡単に落とせるようになります。

他にも応用の効く、
お手軽で簡単に汚れを落とせるテクニックなので、
ぜひ覚えておきましょう。

浴槽の掃除の注意点として、
材質によって使える洗剤などが変わってくるので、
材質にあった洗剤を選ぶようにしてください。

浴槽1

大掃除の手順とコツ! 壁、床の掃除

壁や床も、知らず知らずのうちに汚れてきています。
念入りに掃除をして、キレイに磨いておきましょう。

壁にはスプレーで洗剤を吹きかけ、
その後でスポンジで拭いていきます。

床も同じように掃除をしていきますが、
タイル貼りの目地に蓄積した汚れを落とすのには、
少し工夫が必要です。

クエン酸の入った洗剤を目地の部分に塗り、
固めのブラシでこすっていきます。

これでも落ちない場合は、
洗剤を塗ってから5分ほど放置して、
同じようにこすってみてください。

Sponsored Link

大掃除の手順とコツ! シャワーや蛇口などの掃除

仕上げとして、シャワーヘッド蛇口
お風呂用の小物排水口の掃除をします。

排水口にはパイプ用洗剤を、
その他のものには、洗剤を含ませたスポンジを使います。

手の届きにくい、細かい部分には、
歯ブラシを使うと効果的です。

最後に浴室全体を洗い流し、
シッカリと換気をして、カビの発生を予防しましょう。

浴槽2

大掃除の手順とコツ! トイレの水洗タンクの掃除

次はトイレの掃除をしていきます。

まずは、なかなか掃除をすることのない水洗タンクから。

水受けの部分の黒ずみは、その多くは水垢です。
なかなか落ちにくい汚れですが、
洗剤を含ませたスポンジでこすっていきましょう。

ほとんどの黒ずみはこの方法で落とすことができますが、
中にはしつこい黒ずみも少なからずあります。

その場合は、耐水性のサンドペーパーを使います。

目の細かい(1000番程度)のペーパーで、
軽くこするようにするとよく落ちます。

あまり強くこすると傷がついてしまうので、
注意してください。

大掃除の手順とコツ! 便器まわりの掃除

汚れが付着しやすい場所だけに、
念入りに掃除をしておきましょう。

通常は、トイレ用洗剤を使いますが、
しつこい汚れには「クリームレンザー」を使います。

クリームレンザーに含まれている研磨剤が、
しつこい汚れには効果的です。

浴槽3

大掃除の手順とコツ! 尿石の掃除

トイレの汚れの中で、もっとも落とすのが難しいのが尿石です。

なかなか落としにくい尿石ですが、
洗剤を付けたティッシュペーパーを貼り付けて、
汚れが浮き上がった所をブラシでこすると、落としやすいです。

それでも残る尿石には、
耐水性のサンドペーパーを使いましょう。

傷を付けないように軽くこすって尿石を落としていきます。

大掃除の手順とコツ! トイレ掃除の仕上げ

トイレ掃除の仕上げとして、
便器まわりや、タンクの裏側
など、いつもの掃除では手が行き届かない場所を掃除します。

一気にトイレ全部の汚れを落とすのは難しいので、
しつこい汚れがある場所は、時間をかけて落としていきましょう。

キレイになった浴室やトイレを見ると、
それだけで気分が良くなります

浴槽4

気持よく新年を迎えるためにも、
根気よく掃除をしていきましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ