> 大掃除の手順とコツ!キッチン回りの掃除のポイント! | トレンド速報ニュース

大掃除の手順とコツ!キッチン回りの掃除のポイント!

Pocket

キッチン
年末の大仕事である大掃除。

その中でも、一番大変な場所なのがキッチンです。

毎日使う上に、
なかなか大掛かりな掃除をする機会もなく、
日々の汚れが蓄積しています。

そんなキッチンを効率よく掃除するためのポイントをまとめました。

Sponsored Link

大掃除の手順とコツ!キッチンの換気扇と五徳

まずは、油汚れがこびりついている、
換気扇ガスコンロの五徳をキレイにしましょう。

換気扇やフィルター、五徳など、
キッチン回りで外せるものは全部外し
まとめてキッチンシンクの中に入れます。

洗剤を吹きかけて、5分ほど放置

しつこ汚れは、スポンジで軽くこすりながら、
よくすすいでいきます。

つけ置きする場合は、
排水口のフタをビニールで包んでからフタをします。

ぬるま湯を半分ほど入れ、1~2時間つけ置きします。

スポンジや、歯ブラシなどでこすりながら、
水洗いをしていきます。

キッチン1

大掃除の手順とコツ!コンロ回りの掃除

続いて、コンロ回りの掃除をしていきます。

こちらも、洗剤を吹きかけて、
5分ほど放置した後で水拭きすることで、
軽い汚れはキレイに落ちます。

それでも落ちないしつこい汚れには、
キッチンペーパーか、ティッシュペーパーに洗剤を染み込ませ、
汚れの上にかぶせます。

1時間ほど放置して、汚れが浮き上がってきたら、
ペーパーごと拭き取れば、
しつこい汚れも簡単に落とせます。

キッチン2

大掃除の手順とコツ!電子レンジ、冷蔵庫の掃除

なにかと食材を入れる冷蔵庫電子レンジ

この大掃除の機会に、
シッカリと汚れを落としておきましょう。

冷蔵庫の棚や卵入れは、
野菜ボックスなどに入れてつけ置きします。

その間に、冷蔵庫の中を除菌効果のある洗剤を使って拭きます。

冷蔵庫全体をキレイにしたところで、
棚や卵入れを水で洗い流し、もとに戻します。

ついでに、中に入っているものの整理も済ませると、
一石二鳥です。

続いて電子レンジです。

まずは、電子レンジの中を、
布巾を使って軽く拭いておきます。

その後、濡らしたタオルを電子レンジの中に入れ、
2~3分、加熱します。

熱くなっているので、ゴム手袋をして、
レンジ内を拭いていきます。

濡れたタオルを加熱することで、
蒸気が汚れを浮きだたせ
しつこい汚れも簡単に落とせるようになります。

細かい部分は歯ブラシを使ってキレイにしていきましょう。

最後に、電子レンジの裏側を掃除します。

特に通風口にホコリがたまっていることが多いので、
掃除機で吸っておきます。

キッチン3

大掃除の手順とコツ!キッチンの床の掃除

何気に油が飛び散って
汚れがひどくなっているのが、
キッチンの床です。

洗剤を含ませた雑巾で拭いていき、
水拭き、乾拭きとすることで、
汚れを落としていきます。

Sponsored Link

大掃除の手順とコツ!キッチンシンクの掃除

最後の仕上げとして、
キッチンシンクの掃除をします。

まずは、キッチン回りの水垢を落としていきます。

この水垢には、クエン酸が有効なので、
用意しておくと楽に掃除ができるでしょう。

キッチンシンクは、傷つきやすいものなので、
柔らかいスポンジを使うようにします。

蛇口の取っ手部分などの細かい所は、
歯ブラシを使って、汚れを落としていきましょう。

排水口の掃除も忘れず掃除しておきます。

キッチン4

キッチンは毎日おいしい料理を作る場所です。

大掃除でシッカリと汚れを落として、
気持よく料理が作れる状態にしましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ