> 大掃除の手順とコツ!寒くなる前に窓と網戸とベランダ回りを! | トレンド速報ニュース

大掃除の手順とコツ!寒くなる前に窓と網戸とベランダ回りを!

Pocket

窓
年末の恒例行事といえば大掃除

大掃除のコツは、計画をたてて、
手順通りに掃除を済ませていくことです。

今回の記事では、
寒くなる前に済ませておきたい、
窓、網戸、ベランダ回りの掃除のコツを教えます!

Sponsored Link

大掃除の手順とコツ!カーテンをキレイに!

大掃除ということもあり、
せっかくなのでカーテンもキレイに掃除しましょう。

といっても、
やることは、ホコリを落として、
洗濯機に入れるだけ。

折りたたんで、大きめの洗濯ネットに入れたら、
「手洗い(ウール)コース」で洗いましょう。

「手洗い(ウール)コース」がない場合は、
「弱水流」で2~3分洗います。

脱水が終わったら、ベランダに干すだけです。

もちろん、干すのはベランダの掃除が終わってからですよ。

洗えないカーテンの場合は、
リセッシュなどの消臭、除菌スプレーを万遍なくかけます。

カーテンレールの掃除も忘れないよにしましょう。

窓1

大掃除の手順とコツ!網戸の掃除

カーテンを取り外し、洗濯している間に、
その他の掃除を済ませてしまいましょう。

まずは、網戸からです。

網戸を外し、水をかけ、
洗剤を付けたブラシでこすっていきます。

網戸全体を拭いたら、
泡を水で洗い流して乾かしましょう。

ヤニなどの、しつこい汚れが多い時には、
スポンジに洗剤を付けて、
網戸に泡を伸ばすように拭いていきます。

その後、固く絞った雑巾で拭いていくと、
キレイに汚れが落ちます。

Sponsored Link

大掃除の手順とコツ!窓ガラスの掃除

窓ガラスの汚れの殆どは”ホコリ”です。

見た目に汚れていなければ、
濡れた雑巾で拭くだけでキレイになります。

汚れがひどい場合は、
濡れ雑巾で吹いた後に、洗剤を吹きかけます。

その後、乾いた雑巾で拭き取るとしつこい汚れも落ちます。

仕上げに、丸めた新聞紙で窓を吹くとよりキレイになります。

模様ガラスの場合は、
歯ブラシでコスった後に拭き取れば、
汚れをキレイに落とせます。

窓ガラスの掃除の仕上げに、
レール部分の掃除をします。

溝にたまっているホコリを掻き出しながら、
掃除機で吸っていきます。

こびりついた汚れには、
割り箸を使うとよく落ちます。

キレイになったら、網戸を戻しておきましょう。

窓3

大掃除の手順とコツ!ベランダの掃除

窓まわりの最後は、ベランダの掃除です。

まずは、手すりや柵
エアコンの室外機などのホコリを取っていきます。

それが終わったら、床の掃除をします。

排水口の汚れも取りつつ、
ホウキで掃き掃除をしましょう。

水が使えるようであれば、
水を流し、デッキブラシでこすり洗いをして終了です。

窓4

お疲れさまでした!

これで窓まわりの掃除は完了です。

なかなか掃除する機会のない、
カーテンレールの溝部分は、
この大掃除の機会にシッカリと掃除しておきましょう。

窓がキレイになるだけで、
入ってくる日差しが全然違ってきますよ。

大掃除はまだ始まったばかりです。
このまま最後までシッカリと家中を掃除していきましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ