> RSウィルスとは?赤ちゃんがかかった場合の症状は?実は危険!? | トレンド速報ニュース

RSウィルスとは?赤ちゃんがかかった場合の症状は?実は危険!?

Pocket

rs
冬から春にかけて流行する、
ウィルス性の感染症といえば、
インフルエンザを思い浮かべる人が多いでしょう。

実はその影で、
もう一つの感染症が流行しています。

それが、
「RSウィルス感染症です。

Sponsored Link

RSウィルス感染症とは?

生後1歳未満の赤ちゃんが感染すると、
非常に危険な状態になるケースが多い、
RSウィルス感染症。

RSウィルス感染症とは、一体どういったものなのか?

RSウィルスは11月~1月にかけて猛威を振るうウィルスで、
感染力が強く、2歳頃までにほぼ全ての子供が感染します。

感染経路は二つ。

飛沫(ひまつ)感染接触(せっしょく)感染です。

潜伏期間は2日~8日。

1~2週間で治りますが、
完治してからも1~3週間は感染力が残っている、
非常にしつこいウィルスです。

また、一度かかっただけでは免疫が十分につかず、
繰り返し何回もかかるのも、RSウィルスの特徴の一つです。

繰り返し感染することで、免疫力がつき、
症状が軽くなっていきます。

rs

赤ちゃんがRSウィルス感染症した場合の症状は?

RSウィルス感染症にかかった場合、
通常は、鼻水、せき、発熱といった、
風邪と同じ症状がでます。

免疫力があれば、たいした症状もなく治りますが、
免疫力のない、生後1歳未満の赤ちゃんが感染した場合は、
症状が変わってきます。

通常の風邪と同じ症状に加えて、
発熱が38℃~39℃と高熱になり、
ゼーゼーといった、喘鳴(ぜんめい)を伴う呼吸が見られます。

赤ちゃんがRSウィルスに感染した場合、
気管支炎肺炎といった症状に重症化しやすく、
生後6ヶ月以内の赤ちゃんの50%以上が、
肺炎、又は、気管支炎を発症しています。

生後1歳未満では、
インフルエンザよりも、RSウィルス感染症の方が、
死亡者数が多いというデーターもあります。

rs1

RSウィルス感染症には、抗生物質は効かないため、
対処療法で症状が収まるのを待ちます。

脱水症状に注意して、
水分補給、睡眠、栄養補給をしながら経過を見ます。

赤ちゃんが感染した場合は、3日~4日がヤマで、
入院して治療するケースが多いようです。

Sponsored Link

RSウィルス感染症の予防対策は?

赤ちゃんにとってはかなり恐ろしいRSウィルス感染症ですが、
しっかりと予防対策を取ることで、
未然に感染を防ぐことができます。

RSウィルス感染症の予防対策として、
・マスクを着用する
・手洗いの徹底
・風邪をひいた人との接触を避ける
・RSウィルスが流行期にはなるべく人混みを避ける
・室内のこまめな換気と掃除
・室内温度を26~28度、湿度を40%以上に保つ
・赤ちゃんの寝室を、家族と別にする

といった対策を取ることで、
感染を防ぐことができます。

rs2

とは言え、感染力の非常に強いウィルスなため、
100%防ぐことはかなり難しいです。

通常の風邪とは違う、高熱やせき、呼吸がおかしい、
ミルクの飲み方が悪いといった症状が見られた場合は、
すぐに病院で診てもらいましょう。

最近では、重症化を防ぐ予防接種もあります。

RSウィルス感染症を防ぐ選択肢の一つとして、
考えておくといいでしょう。

赤ちゃんにとって、
もっとも危険な感染症、RSウィルス。

しっかりと知識、予防対策を身につけて、
かわいい赤ちゃんを守ってあげましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ