> 鏡餅の美味しい食べ方は?鏡開きはいつ?食べてはダメな理由は? | トレンド速報ニュース

鏡餅の美味しい食べ方は?鏡開きはいつ?食べてはダメな理由は?

Pocket

鏡開き
お正月に飾ってある鏡餅

レプリカを飾る場合もありますが、
食べれる餅を使っている鏡餅は、
いつになったら食べれるか知っていますか?

日がたって硬くなってしまった餅を、
美味しく食べる方法は?

Sponsored Link

鏡餅はいつまで飾っておくもの?

鏡餅の由来や、装飾の意味については、
こちらの記事をご覧ください。
鏡餅の意味は?みかんを乗せるのはなぜ?お正月に飾る理由は?

美味しそうに飾られている鏡餅。

衛生面から見ても、
すぐに食べてしまった方がいいと思いますが、
鏡餅は神様の依代となっているので、
神様がいらっしゃる間は食べることができません。

その神様がいらっしゃる間を、
「松の内」と言い、
一般的には1月7日までとされています。

松の内が開けた11日に「鏡開き」をすることで、
始めて鏡餅を食べれるようになります。

地方によっては、15日や20日に鏡開きをする所もあるようです。

Sponsored Link

鏡開きの由来は?鏡開きをする理由は?

鏡餅は鏡開きをすることで、
始めて食べれるようになるのは分かりましたが、
そもそも鏡開きをする理由とはなんなんでしょうか?

鏡開きには、お正月に一区切りつけ
今年の仕事始めをするという意味があり、
元々は武家から始まった行事です。

武士は武具を収めた箱を開き、
商人は蔵を開き、
農民は、畑を打ち開いて、
1年の仕事始めとしていたそうです。

鏡餅を割るのに、
包丁などの刃物を使用するのはご法度です。

これは切腹を連想するためで、
手を使うか、木槌を使います。

鏡開き1

また、「割る」という表現も縁起が悪いため、
末広りの意味を持ち縁起のいい、「開く」が使われるようになり、
「鏡開き」と呼ばれるようになりました。

これが鏡開きの由来と意味です。

そのため、結婚式や、新築祝いなど、
祝い事や、新たな出発の時などに鏡開きをするようになりました。

鏡餅の美味しい食べ方は?

鏡開きが終われば、
ようやく鏡餅を食べることができます。

もちろん鏡餅を食べることにも意味があり、
神様が宿った鏡餅をいただくことで、その力を授かり、
今年1年の家族、一族の安全を祈願します。

供えて、開いて、食べる

これが鏡餅の本来の役割です。

では、カチンコチンに固まっている鏡餅の、
美味しい食べ方はあるのでしょうか?

ご家庭でできる、簡単な調理方法を紹介します。

●美味しいカキモチに仕上げる
・木槌や、トンカチなどで、細かく割る
・油で揚げる
・塩コショウ、もしくは塩と味の素で味付け

鏡開き2

●雑煮やゼンザイに仕上げる
・そのまま、もしくは細かくした後で水に浸す
・十分に柔らかくなったら、
手でちぎり、雑煮、ゼンザイにする。

電子レンジを使って、
そのまま普通にお餅として食べるのも、
シンプルで簡単な方法です。

鏡餅一つとっても、昔からの伝統と、
由来や意味がしっかりと込められています。

こういう所が、日本の文化のいいところですよね。

今年のお正月は、今年一年の健康と幸せを願って、
鏡開きをしてみてはどうですか。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ