> 看護師になるには?大学か?専門学校か?メリットとデメリットは? | トレンド速報ニュース

看護師になるには?大学か?専門学校か?メリットとデメリットは?

Pocket

看護師
憧れの職業として、目指す人が多い看護師

その看護師となるために必要な、
看護師資格を取得するために、
看護大学か、専門学校かを選びます。

果たしてどちらを選ぶほうがいいのでしょうか?
それぞれのメリット、デメリットは?

Sponsored Link

看護大学のメリット・デメリット

看護大学はここ十数年で乱立していて、
「大学に進学して看護師を目指す」
という選択肢が当たり前になりつつあります。

その背景には、医療の進歩と、
多様化する看護技術があります。

そのため、ただの看護師だけではなく、
専門看護師や、認定看護師といった、
専門の知識と技術をもった看護師が、
今後、ますます必要とされてくるでしょう。

そいういった背景を考慮して、
看護師としてのキャリアアップを考えている場合は、
看護大学を選択するといいでしょう。

看護大学を卒業と同時に、
保健師、助産師の国家試験受験資格を取得でき、
在学中に、深い知識と技術研修を行う大学も多くあります。

看護師の国家資格を無事に取得して、就職した場合は、
看護大学で学んだことを十二分に活かせるだけでなく、
これから必要とされる看護師としての知識、
技術も持ち合わせた状態となります。

給料も高く、その後の選択肢も広く取れるため、
看護師としての将来性を真剣に考えているのであれば、
看護大学に進学することをおすすめします。

看護師1

将来的なメリットが非常に大きい看護大学ですが、
デメリットもあります。

一番のデメリットは、やはり学費が高いこと。
また、入学試験の敷居が高かったり、
そもそも看護大学が少ない所もあります。

こういったデメリットを踏まえた上で、
看護師として将来どうなりたいのか?
を、十分に考えて受検するといいです。

Sponsored Link

専門学校のメリット・デメリット

看護大学に対して、専門学校はどうか?

看護大学に進学するよりも、
一年早く現場での経験が積めることと、
学費の安さが挙げられます。

給与面では、看護大学卒には劣りますが、
現場に早く携われるというメリットは大きいです。

他業種から看護師に転職する際に、
学費の安さと、早くに現場に出れるというメリットから、
選択肢として専門学校を選ぶケースが多いようです。

???

今後の看護師になるまでの道のりは?

今後は看護大学を選択するほうが、
将来性は大きくなっていくのは間違いないでしょう。

ただの看護師としてだけではなく、
”現場での責任者”としての看護師が必要とされてきています。

看護師を真剣に目指しているのであれば、
就職先、将来性も含めて看護大学を選択するべきです。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ