> 喪中はがきはいつ出すもの?知っておくべきマナーと書き方 | トレンド速報ニュース

喪中はがきはいつ出すもの?知っておくべきマナーと書き方

Pocket

喪中
身内に不幸があった時に出す、
「喪中はがき」

いつまでに出せばいいのか?
どこまでを喪中とする?
喪中はがきの書き方は?
マナーは?

意外と知られていない、
喪中はがきのアレコレについて、
知っておくべきポイントをまとめました。

Sponsored Link

喪中はがきとは?

そもそも「喪中はがき」とは?

喪中はがきの正式名称は、
「年賀欠礼の挨拶状」と言います。

喪中はがきは、
1年以内に身内に不幸があり、
年賀状が出せなくなったことを、
相手に知らせるものです。

Sponsored Link

喪中はがきはいつ出せばいい?

年賀状を出せなくなったことを、
相手に知らせるものなので、
年賀状が届く前に出すのはわかると思います。

では、いつまでに出すのがベストなのでしょうか?

これは、世間が年賀状を準備し始める、
11月下旬~12月上旬までに、
相手に届くように出すのがベストです。

年の瀬、12月ごろに不幸があった場合は、
慌てず、年明けにでも「寒中見舞い」として、
年賀状が出せなかったことを知らせるといいです。

喪中1

喪中はがき どの親族までを喪中とする?

どの親族までを喪中とするか。

これは皆さん悩んでしまう部分ですが、
基本的に、近しい故人であれば喪中とするケースが多いです。

参考までに、一般的な喪中の範囲を書いておきます。
最終的には、本人の故人に対する気持ちや、
年賀状を送る相手との仲によります。

●喪中とする
・父、母、子供
・兄弟、姉妹
・夫、妻の父母(義父、義母)

●喪中する人、しない人に分かれる
・父方の祖父母
・母方の祖父母
・夫、妻の兄弟、姉妹(義兄弟、義姉妹)

●ほとんど喪中しない
・父方の曾祖父母
・母方の曾祖父母
・伯父、伯母(両親の兄、姉の夫妻)
・叔父、叔母(両親の弟、妹の夫妻)
・従兄弟(父母の兄弟の子供)

Sponsored Link

喪中はがきの知っておくべきマナーと書き方

喪中はがきの書き方の前に、
喪中はがき用のはがき(ややこしい…)
を用意しないといけません。

これは郵便局では売っていないので、
自分で用意する必要があります。

あまり派手目のものでなければ、
普通の官製はがきでも十分です。

どうしても気になるようであれば、
コンビニなどで、喪中はがきの印刷もしていますし、
自分で印刷してもいいですよ。

●喪中はがきの書き方
裏面に、

1)喪中につき年賀状欠礼と、
誰がいつ亡くなったのかを書きます。

2)お付き合いへの感謝、
相手の無事を祈る言葉などを書きます。

3)日付

このように書きます。

例)
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
○○月に○○○○が○○才にて永眠いたしました
ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成○○年十二月

喪中3

その他のポイントとして、

・「年賀」は使わずに、
「年始」、「新年」、「年頭」を使います。

・亡くなった方との続柄は、
必ず記入するようにしましょう。

・「拝啓」、「敬具」、近況の報告などは不要なので、
書かなくて大丈夫です。

表面は、普通にはがきを出す時と一緒で、
相手の住所、氏名、自分の住所、氏名を書きましょう。

一般的な例とマナーを書きましたが、
家の習慣などによっては、
多少変わってくるかもしれません。

最終的には、本人の故人に対する気持ちしだいとなります。

相手にも、そして故人にも失礼のないように
喪中はがきを書くようにしましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ