> おせち料理の意味と由来は?食材に込められた願いとは? | トレンド速報ニュース

おせち料理の意味と由来は?食材に込められた願いとは?

Pocket

おせち
お正月になると、
色とりどりの食材を使った、
おせち料理が作られます。

このおせち料理には、
食材ごとに、意味と願いが込められています。

そんなおせち料理の意味と由来を知れば、
いつもと違った正月気分になりますよ。

Sponsored Link

おせち料理とは?由来は?

おせち料理は「お節料理」と書き、
一年のうちに五回ある節句、

・人日(一月七日)
・上巳(三月三日)
・端午(五月五日)
・七夕(七月七日)
・重陽(九月九日)

この”五節句”の時に、
神様に供えるための料理として作られたのが始まりです。

それがいつしか、
正月料理だけを指すようになり、
「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

おせち料理を大晦日の内に神様に供えるために作り、
年があけたら、そのお下がりをみんなでいただく、
という風習が、現代でも残っています。

また、三が日の間は、炊事をしない
台所に入らないという風習があったため、
日持ちする料理を作り、
三が日の間はその料理を食べていました。

おせち4

確かに、子供の頃、
正月はおせち料理しか食べていなかったですね。

大体二日目ぐらいで飽きてきて、
ほかの料理を食べたくなったものです…

子供が好んで食べる料理ではなかったですね。

Sponsored Link

おせち料理の食材の意味と込められた願いとは?

おせち料理には、色んな食材が使われ、
それぞれに意味と願いが込められています。

そんな食材の意味と、
そこに込められた願いをいくつかまとめました。

●海老
腰が曲がっていることから、
長生きするようにと長寿を願ったもの。

おせち1

●数の子
卵がたくさんあることから、
子孫繁栄を願っています。

●栗きんとん
「栗金団」と書くことから、
金運を招く願いが込められています。

●黒豆
一年中元気で、
まめに働けるようにとの願いから。

●紅白かまぼこ、紅白なます
”紅白”は、おめでたい事の象徴。
平安、平和を願っています。

おせち5

●昆布巻き
「よろこぶ」の語呂合わせ。
子孫繁栄を願っています。

●田作り
水田にコイワシを肥料として使っていたことから、
豊作、五穀豊穣を願っています。

●鯛
「めでたい」の語呂合わせ。

●伊達巻
「伊達」は、華やかさや、派手さを表しており、
繁栄、繁盛の願いが込められています。

おせち2

おせち料理には、これだけでなく、
もっと様々な食材が使われています。

その一つ一つに、意味と願いが込められいて、
それを食べることによって、願いが叶うとされてきました。

コンビニや大型スーパーの普及のおかげで便利になりましたが、
こういった日本の伝統というのは、守られていってほしいですね。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ