> ノロウィルスの初期症状は?大人と子供で違う?かかったらどうする? | トレンド速報ニュース

ノロウィルスの初期症状は?大人と子供で違う?かかったらどうする?

Pocket

ノロ
インフルエンザと一緒に、
冬になると感染者が急増するのが、
「ノロウィルス」です。

ノロウィルスは感染力が非常に強いため、
他人にうつさないようにするのが肝心です。

そのためにも、
ノロウィルスの初期症状を把握しておきましょう。

Sponsored Link

ノロウイルスとは?

「ノロウイルス」とは、
どういったウィルスなのでしょうか?

昭和43年(1968年)アメリカのオハイオ州ノーウォークの小学校で、
集団感染が起きた際に、発見されたのがノロウィルスです。

最初はノーウォークウィルスと呼ばれていましたが、
平成14年(2002年)8月、国際ウィルス学会で、
正式に「ノロウィルス」と命名されました。

意外にもノロウィルスと呼ばれるようになったのは、
つい最近の出来事です。

ノロウィルス自体は、年間を通じて感染する可能性がありますが、
冬になって空気が乾燥してくると、
感染力が強まり、猛威を振るうようになります。

主な感染経路は、経口感染で、
食べ物から感染することが一番多いです。

潜伏期間は1日~2日、
発症してからは2日~3日で症状が収まり、
二次感染を防ぐため、2週間ほど外出を禁止されます。

Sponsored Link

ノロウィルスの初期症状は?

そんなノロウィルスに感染した場合、
初期症状として、どういった症状が出るのでしょうか?

ノロウィルスの代表的な3つの症状について見ていきます。

1)発熱
38℃以下の微熱が出ます。
初期症状として、もっとも早く出るケースが多く、
微熱のため、風邪と混同しやすいです。

2)嘔吐、下痢
初期症状の段階から、
発症中も継続的に出る症状です。

人によって、嘔吐だけの場合や、
微熱だけで全く症状が出ない場合もあります。
ですが、ノロウィルスを代表する症状なのは間違いありません。

3)腹痛
チクチクと”刺すような痛み”が、
症状として出てきます。
これも人によって、全く症状が出ない事があります。

ノロ1

ノロウィルスに感染した場合、
発熱→嘔吐、下痢→腹痛と症状が出ますが、
一気に悪化することがほとんどなため、
なかなか対処が難しいです。

また、激しい嘔吐、下痢によって、
脱水症状に陥ることもあるので、
水分補給を欠かさないようにしましょう。

ノロウィルスの症状は大人と子供で違う?

大人がノロウィルスに感染した場合、
子供が感染した場合より、
症状が重くなることがあります。

特に、嘔吐、下痢に関しては、
短期的に強い症状が出るケースがあるので、
十分に注意が必要です。

子供が感染した場合は、
症状は軽いケースが多いですが、
その分、回復まで時間がかかる場合があります。

・大人 短期的(1日~3日)で収まるが、症状が重い
・子供 長期的(約1週間)で収まるが、症状が軽い

現在、ノロウィルスに効果のある抗ウィルス剤はありません
なので、対処療法で症状が収まるのを待つしか無いです。

このため、体力のない乳幼児や高齢者が感染した場合、
ひどい脱水症状に陥る事があります。

ノロウィルスに感染した場合は、
・湯さまし
・お茶
・ポカリスエット

などの水分を、細かく多めに摂取していくことが重要です。

ノロ2

症状が軽くなったら、
おかゆや、バナナ、おろしリンゴなど、
消化のいいものを食べて、体力の回復に努めましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ