> スズメバチに刺された時の応急処置方法!2回目は危険!! | トレンド速報ニュース

スズメバチに刺された時の応急処置方法!2回目は危険!!

Pocket

スズメバチ
8月、9月ごろになると、
増えてくるのが、スズメバチに刺される刺傷事故

特に山のレジャーなどで犠牲になる人が増えてきます。

スズメバチに刺された場合の応急処置方法と、
2回目に刺された場合の危険性について調べました。

Sponsored Link

スズメバチに刺された時の絶対条件!

スズメバチに刺された場合、
絶対条件として、パニックにならない
手で追い払おうとしないことです。

スズメバチは、自ら攻撃をしてくることはありません。

何らかの理由がない限り、刺してくることはないです。
(テリトリーに侵入した、こちらから先に攻撃した、など)

攻撃的な性格をしていますが、
刺激しなければ襲ってくることはないです。

刺されるということは、
何らかの刺激を与えたということです。

ですので、パニックになって暴れると、
よけいに刺されることになります。

まずはこのことを、しっかりと頭に叩き込んでおきましょう。

Sponsored Link

スズメバチに刺された! 応急処置方法は?

それでは、
スズメバチに刺された時の応急処置方法を教えます。

1)速やかにその場を離れる
姿勢を低くし、ゆっくりとその場を離れます。
20m~30mほど離れれば、大丈夫です。

2)傷口から毒を絞りだす
刺された患部から、毒を絞り出します。

この時、口を使って毒を吸いだすのは止めましょう。
傷口が化膿してしまうことと、
口の中の虫歯や、歯周病から毒が入り込む可能性があります。

指で患部をつまみ、つねるようにして毒を絞り出します。

3)流水で洗い流す
冷たい水で患部を洗い流し、冷やします。
水が近くにない場合は、お茶、スポーツドリンクで代用します。

4)患部にあて布をする
虫さされの薬がある場合はそれを患部に塗り、
無い場合は、そのまま水などで濡らした布を患部に当てます。

5)直ぐに医療機関に行く
応急処置が終わったら、
できるだけ早く病院に行きましょう。

スズメバチに刺されたことを言えば、
ほぼどこの病院でも、適切な処置をしてくれるはずです。

以上がスズメバチに刺された場合の、
応急処置の方法です。

毒を搾り取るには、ポイズンリムーバーを使用すると簡単です。

スズメバチに2回目刺されたら危ない!

本来、スズメバチの針に、
人を殺すだけの毒はありません。

それでも、年間で数十人が犠牲になっているのは、
スズメバチの毒に対して、過敏に防衛反応が働いてしまう
アナフィラキシーショックのせいです。

アナフィラキシーショックの詳しい説明は、
こちらの記事を参考にしてください。
アナフィラキシーショックとは?その原因と症状は?対応の仕方は?

これは花粉症と同じで、スズメバチに2回刺されたからといって、
必ずしもアナフィラキシーショックが起きるとは限りません。

このアナフィラキシーショックは、
症状が出るまでが、5分~15分と極端に早いです。

その症状も、全身のじんましん、めまい、意識障害、
呼吸困難、など、命に関わるものばかりです。

30分位内が勝負と言われるほど、
危険なショック症状です。

最近では市販で「エピペン」が手に入るので、
もし、山のレジャーに行く場合は、
念のため持っておくといいでしょう。
スズメバチ2

スズメバチは、攻撃を仕掛ける前に、
「カチッ、カチッ」
と、アゴを使って警戒音を鳴らします。

もしその音が聞こえたら、
直ぐにその場を立ち去りましょう

そうすれば、変にスズメバチに刺激を与えることなく、
無事に逃げることができますよ。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ