> 結婚式の招待状が届いたら?返信の書き方と基本的なマナーとタブー | トレンド速報ニュース

結婚式の招待状が届いたら?返信の書き方と基本的なマナーとタブー

Pocket

招待状
友達や親戚など、
結婚式に呼ばれる機会があると思いますが、
送られてくる招待状の書きに悩んだことはありませんか?

今回の記事では、招待状の返信の書き方と、
それに関連する基本的なマナーをまとめました。

参考にしてみてください。

Sponsored Link

結婚式の招待状 基本的なマナーとタブー

まずは、招待状を書くときの、
基本的なマナーとタブーについて知っておきましょう。

▼招待状の基本的なマナー

・招待状は、必ず1週間位内に出す
招待状が届いたら、出席、欠席問わず、
遅くとも1週間位内には出しましょう。

2~3日中に返事を出すのがベストなタイミングです。

・インクは”黒”を使う
毛筆か万年筆がベストですが、
使い慣れていないと、文字が汚くなってしまいます。

そういう場合は、普通にボールペンで書きましょう。

・「御」、「御芳」を消す
「御出席」、「御欠席」、「御芳名」などの、
「御」や「御芳」は、返信する時に消します。

これは受け取った人への敬語にあたるので、
縦書なら縦、横書きなら横の二重線か、斜線で消します。

▼招待状のやってはいけないタブー

・返事を出さない
「親しき仲にも礼儀あり」というように、
電話などで済ましてしまうのはタブーです。

招待状で改めて、出席、欠席の返事を書きましょう。

・黒以外のインクを使用する
黒に近い「グレー」や、
「ブルー」などのインクを使うのはやめましょう。

特にグレーはお祝い事ではタブーとされる色です。

・文字を☓印で消す
「御」や「御芳」の文字を消す時に、
☓印で消すのはやめましょう。

黒く塗りつぶしたりするのもタブーです。

Sponsored Link

結婚式の招待状 返信の書き方

それでは、基本的なマナーを知ったところで、
招待状を返信する時に書き方を紹介します。

▼宛名面の書き方

・「行」を消して「様」に
宛名の「行」を二重線か斜線で消して、
「様」に書き直します。

二人の名前が書いてある場合は、
二人に「様」を書きましょう。

最初から「様」が書かれている場合は、
そのままでいいです。

▼出席する場合の基本的な書き方

・「出席」に○をし「御」を消します
「御住所」、「御芳名」の、「御」と「御芳」も、
同様に消します。

・「御欠席」を消します

・余白にお祝いのメッセージを書きます

例1.)ご結婚おめでとうございます。
喜んで出席させていただきます。

例2.)ご結婚おめでとうございます。
当日楽しみにしております。

例3.)お招きいただきありがとうございます。
〇〇さんの花嫁姿を楽しみにしています

招待状1

・応用編
「御」や「御芳」を消す時に、
二重線や斜線ではなく、
「寿」の文字を上から書くやり方もあります。

ただこれは、よほど字が綺麗にかけないと、
逆に汚く見えてしまうので、注意が必要です。

▼欠席する場合の基本的な書き方

・電話で事前報告をしましょう
出席するにしても欠席するにしても、招待状を受け取ったら、
まずは電話でお祝いの言葉を添えましょう。

その上で「出席できないかもしれない」、
「出席できるよう調整してみる」などを伝えましょう。

その後、数日間を開けて返信を出せば、
相手により出席したかった気持ちが伝わります。

・欠席理由のメッセージを添える
仕事の都合や、先約などで欠席する場合は、
それを理由に書いても構いません。

ただし、身内の不幸や、病気、事故など、
暗い内容の場合は、ハッキリとは書かないほうがいいでしょう。

例1.)この度はご結婚おめでとうございます。
あいにく出張の予定があり、欠席させていただきます。

例2.)この度はご結婚おめでとうございます。
あいにく先約がございまして、欠席させていただきます。

例3.)お招きいただいてありがとうございます。
やむを得ない事情があり、欠席させていただきます。

・当日は祝電やレタックスを送りましょう
欠席する場合でも、祝電やレタックスを使って、
一言お祝いの言葉を贈りましょう。

おめでたい門出を祝福して上げる気持ちを、
忘れないようにしましょう。

招待状4

以上が、結婚式の招待状の基本的な書き方です。

あまり難しく考えずに、
素直にお祝いしてあげることが、
一番大事なことだと思いますよ。

Pocket

[結婚式]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ