> 乳幼児突然死症候群(SIDS)前兆なく訪れる悲劇!予防方法は? | トレンド速報ニュース

乳幼児突然死症候群(SIDS)前兆なく訪れる悲劇!予防方法は?

Pocket

乳児
乳幼児突然死症候群(SIDS)というのを聞いたことはありますか?

生後1歳未満の健康だった乳児が、
前兆もなく突然亡くなってしまう恐ろしい疾患です。

様々な憶測がありますが、
しっかりと予防方法を取ることで、
悲劇を未然に防ぐ可能性を高めることができます。

Sponsored Link

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは?

乳幼児突然死症候群は、
sudden infant death syndrome:SIDS(シッズ)とも呼ばれ、
英語で「ゆりかごの死」とも呼ばれています。

主に生後1歳未満の乳幼児が何の前触れもなく、
眠っている間に突然亡くなってしまう病気です。

ハッキリとした原因が分かっておらず、
そもそも病気なのかどうかも分かっていません。

1歳未満の乳児の死亡原因、第3位を占めているため、
赤ちゃんの命を守るためにも、
正しい知識と予防方法を知っておきましょう。

乳児1

乳幼児突然死症候群(SIDS) 予防方法は?

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、
確実にこれが原因というものは分かっていませんが、
こうすることで、発症する確率が下がるというのは分かっています。

赤ちゃんを育てていく際には、
以下に書かれていることに注意して、
育児をしていただけたらと思います。

(1)うつ伏せに寝かせない

仰向けに寝かせるよりも、うつ伏せに寝かせた方が、
乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が高いとされています。

うつ伏せに寝かせることが、
直接の乳幼児突然死症候群(SIDS)を引き起こす原因ではないですが、
赤ちゃんの顔が見える、仰向けで寝かせてあげるのがいいでしょう。

また、赤ちゃんをなるべく一人にしないことも大事なことです。

寝ている時だけでなく、
思わぬケガや、誤飲、事故などを、
未然に防ぐことになります。

乳児1

(2)喫煙をしない

妊娠中も含めて、赤ちゃんのそばで喫煙をすることは、
乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率を上げることになります。

両親が喫煙している場合、
両親が喫煙していない場合よりも、
約4.7倍の発症率となっています。

喫煙、煙草の煙は、
乳幼児突然死症候群(SIDS)の最大の危険因子です。

Sponsored Link

(3)母乳で育てる

母乳で育てたほうが、
粉ミルクで育った赤ちゃんよりも、
乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率が低いとされています。

ただし、これも、粉ミルクが、
直接の原因ではないため、
あまり神経質になる必要はないです。

赤ちゃんが喜んで母乳を飲んでいるのであれば、
できるだけ母乳で育ててあげてください。

乳児

(4)厚着をさせない

あまり日本では予防方法として知られていないですが、
欧米では、乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率を上げる原因とされています。

布団や衣類を着せすぎることによって、
屋内熱中症と同じメカニズムが起こるとされています。

睡眠中の赤ちゃんは、寒さよりも厚さに弱く、
室内にいるときは、帽子、手袋、靴下は、しないほうがいいでしょう。

また、床暖房や、ホットカーペットも要注意です。

乳児2

乳幼児突然死症候群(SIDS) まとめ

ここに書いてあることを意識して赤ちゃんを育てれば、
乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率をかなり下げることができます。

せっかく授かった命を、
何の前触れもなく失ってしまうのは、
言葉に出来ないほどのショックを受けてしまいます。

そんなことにならないよう、
できる限りの予防対策をしていきましょう。

産婦人科の先生や、旦那さんともよく相談し、
育児の注意点や役割分担をしっかりと決めておきましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ