> 秋雨前線が南下してくるのはなぜ?梅雨前線との違いは? | トレンド速報ニュース

秋雨前線が南下してくるのはなぜ?梅雨前線との違いは?

Pocket

秋雨
そろそろ夏の暑さも和らいできて、
秋の訪れを感じさせてくれます。

この時期に雨を振らせるのが、
「秋雨前線」です。

季節が夏から秋に移り変わる便りを届けてくれますが、
なぜ秋雨前線ができて南下してくるのか?
梅雨前線の何が違うのか?

気になる疑問を調べてみました。

Sponsored Link

秋雨前線とは?

秋雨前線とは、
日本の8月下旬から10月頃にかけて降る長雨のこと。

秋雨前線ができる原因となる高気圧は4つあります。

・冷たく乾燥したシベリア高気圧
・やや温かく乾燥した秋特有の移動性高気圧
・温かく湿った小笠原気団で構成される太平洋高気圧
・冷たく湿ったオホーツク海高気圧

これらの原因で発生した冷たい高気圧が、
真夏の猛暑をもたらしていた太平洋高気圧とぶつかります。

性質の違う高気圧がぶつかるため、
大気が不安定になり、雨を振らせます。

こうして秋雨前線ができるというわけです。

Sponsored Link

秋雨前線はなぜ南下してくるのか?

梅雨前線は北上してくるのに、
なぜ秋雨前線は南下してくるのか?

これは偏西風の影響を受けているためで、
8月前半頃までは北上していた偏西風が次第に弱まり、
8月後半になってくると南下し始めます。

それに乗って秋雨前線も降りていき、
まだ勢いのある太平洋高気圧とぶつかりつつ南下、停滞し、
全国的に不安定な天気をもたらします。

秋雨1

秋雨前線と梅雨前線の違いは?

同じ前線でも、全く性質の違う、
秋雨前線梅雨前線

それぞれの違いについて見てみましょう。

▼時期の違い
梅雨前線は5月~7月まで。
秋雨前線は8月~10月にかけて。

諸説ありますが梅雨には、
「梅の実が熟す頃に降る雨」という意味があります。

▼持続性の違い
高気圧から前線に向かって流れる暖湿気の強さは変わりません。

しかし、梅雨期に流れこむインドモンスーン(季節風)の勢いが弱まるため、
秋雨前線は梅雨前線ほどの持続性はありません。

秋雨は始まりと終わりが明確で無いため、
梅雨のような「秋雨入り」「秋雨明け」と言うのはありません。

秋雨3

▼規模の違い
梅雨前線は、偏西風がチベット高原、インド、中国と渡っきて、
日本付近に流れてくることによって形成されます。
そのため、東南アジア、東アジアまで含む広い範囲で起きます。

対して、秋雨前線は、
日本北部で寒気団と暖気団がぶつかって形成されるため、規模はかなり小さいです。
そのため、秋雨は日本周辺のみに見られる現象となっています。

▼寒気団の違い
梅雨前線はオホーツク海気団。
秋雨前線はシベリア気団が、寒気団を形成します。

▼雨量の違い
梅雨前線を形成するオホーツク海気団は、
冷たく湿った性質で、小笠原気団は、
温かく湿った性質があります。

秋雨前線を形成するシベリア気団は、
冷たく乾いた性質で、小笠原気団は、
温かく湿った性質があります。

湿った空気同士がぶつかる梅雨のほうが、雨量が多くなり、
湿った空気と乾いた空気がぶつかる秋雨は、雨量が少なくなります。

ただし、台風が接近すると、
台風からの高暖湿気の影響で
一気に秋雨前線の活動が活発になります。

秋雨2

秋雨は、夏が終わり、
いよいよ秋が近づいてきていることを知らせてくれる雨です。

秋雨前線の南下に合わせて、秋を迎える準備を進めましょう。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ